流星シラップソーダ 

 ラクに生きたいよまったく。気になる記事があればコメント気軽にどーぞー

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: ほっぺ奇譚

ほっぺ近影 

2013/04/23 Tue.

 またまた休日出勤+残業+首傷める+残業後に接骨院=連休前に死ぬ

 ひさびさのほっぺ写真です。このもふもふに毎朝起こされて。
  凄まじい低血圧の私(落ち武者並み)の前で無心になってふみふみ。
   ねこはふみふみを見守ってほしいのでしょうか?見せつけたいのでしょうか?それくらいふみふみ一心不乱です。

IMG_0362.jpg
 夜の遊びは椅子の背もたれに開いている飾り穴で遊びます。
IMG_0363.jpg
 エプロンでも遊べます。遊びの達人です。
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: キネマ

闇金ウシジマくん 

2013/04/21 Sun.


映画 闇金ウシジマくん [DVD]映画 闇金ウシジマくん [DVD]
(2013/02/08)
山田孝之、大島優子 他

商品詳細を見る


累計620万部を突破する漫画家・真鍋昌平の問題作『闇金ウシジマくん』が、TVシリーズに続き待望の映画化!


10日(ト)で5(ゴ)割の法外な利息で金を貸し付ける闇金業者「カウカウファイナンス」。社長の丑嶋(山田孝之)は、非情な取り立てで、未來(ミコ)(大島優子)たち債務者を借金地獄のどん底に追い込んできた。だが、そんな丑嶋が何者かの罠にハマり逮捕される。それは多額の示談金を目当てにしたイベントサークル「バンプス」代表・純(林遣都)の策略だった。闇金、チャラ男、借金苦のギャル。熾烈なマネーゲームがいま幕を開ける――。債務者たちを次々と奈落の底に叩き落としながら、借金漬けの恐怖に警鐘を鳴らすダークヒーロー・丑嶋。暴力と絶望を容赦なく描きながら、最後にかすかな希望の光を見せる衝撃作、『闇金ウシジマくん』が遂に全貌をあらわした!



 普通に面白かったです。林遣都くんはどうも苦手んなんですが、その嫌さ加減が役的にも合っていたと思います。もっとウシジマくんが見たくなる。この映画で初見のひと(私も)はTVドラマの方を見たくなると思うし、原作も読みたくなる作り。ウシジマくんが謎だからさ。あの無表情で、強靭的な強さで、つんつんつんつんつんデレのさじ加減が良いと思います。東京と金と人間は怖いねー。

 さっそくコミックレンタルで漫画借りてきました。ドラマも借りてくるかもしれません。だって山田氏がウサギにデレまくってるところが見たいんだけど、そのシーンは在るのかね?

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 雑記帖

クラウチングスタートダッシュ 

2013/04/14 Sun.

IMG_0335_edited-1.jpg

 え〜っと今日こそ会社用のズボンを買いに行くつもりだったのだが、結局家からも出ていない。
 まぁ朝から鼻水が凄くて。止まりませんでしたからねぇ。それでもシーツ洗って布団干して、部屋掃除して、リビング&キッチン掃除して、猫トイレ掃除して、ケーキ作って。『みんな!エスパーだよ!』録画分みて。頑張ったな自分。

 土曜日も休日出勤だったし。(連休って云うのが2月に金沢行った時以外で去年からないですねほぼ。)
 そんなこんなで、花粉症で花見なんてもってのほかだったし、桜も今年はまともに目にしてないような気がするね。

 それでも限られた時間を使って、先々週の日曜は髪きりに行ったし、先週は眼科行ったし。なんか這いつくばりながらもえっちらおっちら匍匐前進。
 月経困難症の方も、頑張って低用量ピルを飲んでおります。今度布ナプキンに変えてみようかと考え中。

 4月になってから始めたこと。
  街の映画館で企画ボランティアスタッフなるものに参加し始めました。どこまで続くやらよく分かりませんし、なにぶん超絶人見知りなもので・・・。どうなるかわかりません。はい。

 そんななか、自分的には今までにないくらい邦画レンタルいそしんでおります。やはり洋画だけに突っ走るのはどうかと思うので。気になるものを追っかけたいと思います。


 体も脳もお疲れちゃんなもので、どじッ子率が急上昇です。
 密林でおかいものすれば、カードの期限切れに気づかず、なかなか商品が届かず。
 しかも同一商品を2個買いしてしまう始末。

 ちーん。

 いろいろと感想を書いてますが、なかなか旨く言葉が出てこなくて困っております。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 雨風食堂

ち よ こ れ い と タルト(チェリー&バナナ) 

2013/04/14 Sun.

IMG_0336.jpg

 本当はほっぺの誕生日に焼くつもりだったのですが、なかなか最近多忙&体調不良を極めていたので延期していましたが、材料このまま保管しててもなんなんで。
IMG_0347.jpg
 今回もタルト生地から作っていますが、私が作ったにしてはカロリー高め。チョコレートもバターもアーモンドパウダーまで入っているので。キルシュ多めでほろ苦い感じを目指してみました。
IMG_0350.jpg
 切り口。バナナとチョコの相性がやはり王道。暖かいうちに食べるとなおよし。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: キネマ

希望の国 

2013/04/14 Sun.


希望の国 [DVD]希望の国 [DVD]
(2013/03/07)
夏八木勲、大谷直子 他

商品詳細を見る


見えない戦争――
ただ、大切なものを守りたいだけ。
東日本大震災から数年後の日本のとある町。
小野家と鈴木家は隣り合い、つつましくも幸せに暮らしていた。
ある日、大震災が発生、それにつづく原発事故が、生活を一変させる。
原発から半径20キロ圏内が警戒区域に指定され、強制的に家を追われる鈴木家と、道路ひとつ隔てただけで避難区域外となる小野家。
そんな中、小野家の息子・洋一の妻・いずみが妊娠、子を守りたい一心から、放射能への恐怖を募らせていく。



 『ヒミズ』でも震災後の設定で「脱原発!」キックなるものを中途半端に繰り出していたわけですが(※窪塚氏のアイデア?)この作品で園さんなりの原発、震災、人間への答えをひねり出してくれていました。・・・出してくれてたけれど、『愛』を出されると・・・仕方ないとは思うけれど、『愛』意外の言葉(映像)で表現するのが映画監督でしょ?とちと「ずるい」と思ってしまったのが私の正直な感想。あ、でもちゃんと映像で『愛』表現できてもいたのですけど。最後に分かりやすく『愛』を語られると、せっかくこれでもかこれでもかと積み重ねられていた『愛』が急に安っぽく感じちゃったのよ。(矛盾しまくりな人間)


 すべてを失っても、生命は湧き立つね。あの盆踊り大会が善かったね。夏八木薫。歳を重ねて良さが増してる。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: キネマ

恋の罪 

2013/04/14 Sun.


恋の罪 [DVD]恋の罪 [DVD]
(2012/06/02)
水野美紀、冨樫真 他

商品詳細を見る


 

90年代日本を騒然とさせた、渋谷区丸山町ラブホテル街で実際に起こった殺人事件を下敷きに、未知なる禁断の世界を映像化した。
体当たりの演技をみせるのは、『踊る大捜査線』シリーズの水野美紀、『凍える鏡』の冨樫真、園監督作品の常連で『ヒミズ』にも出演する神楽坂恵。

表と裏の顔を持つ3人の女性を主人公に、1つの殺人事件をめぐって浮かび上がってくる人間の心の闇を激しい官能描写で描ききった究極のリアル・ファンタジー!
3人の女たちの行き着く果て、誰もみたことのない愛の地獄が始まるー。



 またまた園子温作品。

 低評価の目立つ作品ですが、私は『冷たい熱帯魚』よりはこちらの作品の方が思うところが在ると云いますか、どちらかというとこちらの方が好きな感じがしました。

 さすがに園作品連続で見ていると鉄板ネタも分かってきますしね。
 なんだか宗教儀式みたいなものかなと思うのです。滑稽なまでの。同じ台詞を何度も何度もくりかえす。似たようなシーンを何度も繰り返す。あと親子間の血の継承に関する嫌悪感とか。
 冨樫真さんがすごくよかったです。目がすごい。そしてその母親・・・。

 あと、ラストにもなっている、ゴミ出し主婦のゴミ収集車を追いかけるネタ。凄く良いと思う。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: キネマ

冷たい熱帯魚 

2013/04/11 Thu.


冷たい熱帯魚 [Blu-ray]冷たい熱帯魚 [Blu-ray]
(2011/08/02)
吹越満、でんでん 他

商品詳細を見る

埼玉愛犬家殺人事件などの凶悪事件を下敷きに、犯罪に巻き込まれていく男の姿をブラックユーモアを交えて描いたサスペンスドラマ。小さな熱帯魚店を経営する社本は、同業者の村田から儲け話を持ち掛けられ…。監督は『愛のむきだし』の園子温。



 云わずと知れた、園監督の出世作。未だにレンタル好調のようです。
 しかし、私は今まで4回この作品をレンタルしているのだが、見ずに返していました。なんだろう?けして猟奇殺人ものが苦手な訳ではないのだが、前回の『愛のむきだし』でこれでもかこれでもかの観客を疲れさせるまでの園パワーにやられてどうしても気が向かわなかったのです。

 前評判やパッケージのスクリプトを読んで内容等も想像できていたのですが、今回はその期待をぶち破って超えてはくれなかったような気がします。吹越さんの他俳優さんよりは抑えめな演技も善かったし、でんでんさんの「脅しの手口How to」みたいな絵に描いたような悪もよかでした。特に黒沢あすかの「おらぁ!もっと声だして=!」にしびれました。監督の云いたいこともちゃんと台詞に「生きることは痛いんだよ」も染みましたが、今回はでんでんの「悪」、人間のどす黒さ大爆発!の方がインパクトで勝っているような気がしますけどね。
 親父の必死な遺言にも関わらず、その娘はその親以上に狂っている・・・かも知れないところも怖いね。あの最後に娘が父親に「おい、起き上がってみろよ」と何度も叫ぶのですが、あれは死んだことが信じられない(本当は死んでほしくないのに強がりで)のか?死んでくれて喜んでいるのか?どちらを意図しているのか?両方?『ヒミズ』でもそんなシーンが在るから。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 雨風食堂

やさしい春のスープ 

2013/04/07 Sun.

IMG_0326.jpg
 体が疲れると胃腸も疲れるので、そんな休日は朝と昼を抜いて、3時に軽く食べ、夜に優しいスープを飲みます。
IMG_0331.jpg
 スープはその時々でかぼちゃや人参と牛乳が大量にのみ残っている場合はポタージュにします。綺麗に裏ごしするのではなく、ジューサーで粉砕したあとおつぶつぶ感も大切に。

 今日作ったのは新タマネギを皮を向いただけで圧力鍋に放りこんで。だしは鶏ブイヨンと昆布。オリーブオイル、梅干しの種とローリエそれだけ。最後に塩と胡椒で味を整えるだけ。圧力鍋から圧力が抜けるのを待つ間、DVDもゆったり見れました。
IMG_0330.jpg
 もり方も大胆に。まんまるタマネギを透明なスープの真ん中に。タマネギの真ん中がとろとろで、甘くて最高なのです。おいしいパンに好きな具を乗っけて。うまうま。

 
あなたのために―いのちを支えるスープあなたのために―いのちを支えるスープ
(2002/08)
辰巳 芳子

商品詳細を見る

 こちらのスープレシピを私なりに簡単におおざっぱに。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: キネマ

しあわせのパン 

2013/04/07 Sun.


しあわせのパン [Blu-ray]しあわせのパン [Blu-ray]
(2012/07/06)
原田知世、大泉洋 他

商品詳細を見る

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦、りえさんと水縞くん。
水縞くんがパンを焼き、りえさんがそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。そこには、日々いろんなお客さまがやってくる。
北海道から出られない青年トキオ、なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家ヨーコ、口をきかない少女未久とパパ、革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部さん、沖縄旅行をすっぽかされた傷心のカオリ、観察好きの羊のゾーヴァ
そして、想い出の地に再びやってきた老人とその妻。
それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた、心の中の“しあわせ"とは?
そして彼らを見守るりえさんと水縞くんに訪れることとは?



 私ははっきり言って大泉洋さんの演技が苦手なんです(水曜どうでしょうは好き)。先日も『探偵はバーにいる』を松田龍平さん目当てで見ましたが、松田さんの良さも曇ってしまうほど、映画の善さが伝わってこなかったです。

 でもこの映画は大丈夫でした。なぜなら原田知世さんに目が吸い寄せられてしまうから。大泉さんもとても控えめで善かったとおもえました。
 おしゃれすぎて。お金のおやり取りも写さない少々現実離れした作品ですが、パンとコーヒーとスープがおいしそうで、月浦の景色も空気もおいしそうに写っていました。

 おいしいパンを分け合える、その分け合える相手、仲間、家族のいることのなんと幸福なことか。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 読書の波

鳥と雲と薬草袋 

2013/04/07 Sun.


鳥と雲と薬草袋鳥と雲と薬草袋
(2013/03/29)
梨木 香歩

商品詳細を見る


鳥のように、雲のように、その土地を辿る。ゆかしい地名に心惹かれる――作家の胸奥の「ものがたり」がはぐくまれる場所に、滋養を与える旅の記憶。49の土地の来歴を綴り重ねた葉篇随筆。読む者の心も、はるばると時を超える。旅に持ち歩く「薬草袋」のなかの、いい匂いのハーブのブーケや、愛着のある思い出のメモの切れ端のような……日常を生きるときの常備薬ともなり、魂を活性化する、軽やかな愛蔵本。



 梨木さんの文章は癒されるし、体験と知識と旅先で出会った人たちとの忘れられない出来事が相まって。「こんな人間になれれば・・・」といつも尊敬の眼差しと、どこか遠い国の昔の友人から来た手紙のような感覚でよみいってしまう。1日1ページ大切に味あわせていただこうと思いきや、お風呂の中で読了してしまいました。

 梨木さんと云えば、イギリス!の印象が強いですが(エッセイだと「春になったら苺を摘みに」が一番すきだから?)カヤック、鳥、エストニアときて、世界中を飛び回られているなぁと思いいつも読ませていただいてます。そんな梨木さんが今回は日本(例外も在り)の土地の名前に関する連載でした。

 合併で今はもう失われてしまった、土地の名前や、名前の来歴、時にはまだ文字が伝来する前の言霊の時代にまで溯り地名の発音、語感にまで気を配りながら、知への好奇心と、その発想の自由さが素敵でした。

 まだまだ知らない日本を旅したくなりました。

edit

CM: 0
TB: --

page top

2013-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。