流星シラップソーダ 

 ラクに生きたいよまったく。気になる記事があればコメント気軽にどーぞー

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 雑記帖

いらっしゃいませ。お客様。 

2006/11/30 Thu.

ユニクロinNY


 バイト先がオープンします。
 やっと、夕方5時~閉店までのシフトで働けるので、朝早く起きなくていいので嬉しいですvv

 これから一週間が勝負と思うのよ?
 とりあえず、足引っ張らないように・・・がんばってみるです。

 と、いうことで、バイト先で着る黒いズボンをユニクロ(歩いて10分)に探しに行って来ました。
 ↑の写真はカウンターに置いてあったカタログ。
 ユニクロがNYに進出したらしいので、アメリカのユニクロのカタログ!の中身。なかなか分厚い内容になっていて、和綴じされているのですvvデザイン性に惚れた。
 カタカナのロゴが可愛いですな。日本もカタカナで行けばいいのに。

 ユニクロと連呼してますが、初めてユニクロで買い物した。ファンでなくてすまん。
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

逆に燃えるわ 

2006/11/28 Tue.

燃えよ


 「時間が無いけど、逆に燃えて更新頑張ってるよ」の意。
 cinemamode更新しました。アラン・ドロンが出てる、「若者のすべて」って映画の感想です。
 久々にみて、アラン・ドロンの美しさに釘付け状態。
 俳優名鑑でアラン様のプロフィールを調べたら、写真がお年を召した写真だったので少々萎える。
 やはり「若さ」という儚い美はただものではない。

 30日はとうとうバイト先がオープンで、擦り切れるまでこき使われちゃう運命。
 漫画や小説の発売ラッシュも重なって、買っても積んで放置プレイしか出来ないの。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

ないしょ話のつづき 

2006/11/27 Mon.

ヒズミヒズンデ


 冬になったからまたHPのデザイン変更をやりたくって仕方ないが、余裕がねぇ。

 今日はじめてバイトに遅刻してしまった。そして店長に目撃され、お叱りを受ける。
 店長怖い。熊みたい。目が怖い。
 この前も店長に怒られた気がするし…。
 もしかして目をつけられちゃってたり(モゴモゴ)

 相撲が終わって、一気にスカスカな気分。(頑張るって言ったのに)
 
 くやしいので、パソちゃんのデスクトップだけ改装しました。
 ぱそちゃんのデスクトップ



●まろさん。ご立腹ですよ。
 父が金魚の水槽にマリモを投げ入れやがった!存在も忘れかけていたマリモ。きっと観光地のおばちゃんが手で一生懸命丸めたマリモであろう。金魚が心なしか元気ないんですけど・・・。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 大相撲つぶやき場所

大相撲平成十八年十一月場所・千秋楽(また来年。お会いしましょう) 

2006/11/26 Sun.

全勝優勝・横綱朝青龍

 やってきました。早くも今年最後の大相撲。見納めの時が。

 千秋楽が来るといつも思ってしまうんだけど。
 相撲って大好きだ!そう、素直に思える。
 たとえ贔屓力士がばりばり勝っていなくとも、相撲にはその場所その場所に必ずドラマがあって、もう言葉に出来ないほどに大好き。
 つよいつよい横綱が独走優勝してしまっても、それはそれで感動する。気づいたらウルウルきちゃってるんだ。


 さてと。今年最後の安馬の相撲は?普天王戦。

 快心の相撲でしたね!これぞ安馬でしょ!よくぞ、最後まで真っ向勝負でぶつかって行ってくれて、鋭い当たりでした。よくぞ星を6つまで集めてくれました。ありがとう。安馬、最後まで戦い抜いてくれて。来場所に繋がる誇らしい相撲だったよ!


 今場所、それはみんな怪我やスランプで苦しんでいるんですけれど、「苦しさ」でいちばん目を惹いたのは岩木山だったような・・・。
 立ち合い前の、タオルをギュッと握り締めて祈る仕草がいつもより印象的で、13日目なんかもう、岩木山と一緒に祈っちゃいました。はぁ~くるしかったね。岩木山。それでも岩木山も千秋楽には気合を引き締めて、いま自分にできる全ての力を出し切った、いい一番を見せてくれました。
 今場所なかなかの出足だった出島と、岩木山と玉乃島。この3人が好調だと最高に面白い場所になると思ってるんだけどな…。

 そして序盤絶好調で期待を浴びていた琴光喜。勝ち越してしまうとやっぱり崩れてしまう(汗)どうしてなんだ。どうしてなんだ。一番大関、いや、横綱になれる人だと思うんですけど。熱望してるんですけれど!・・・ら、来年こそはお願いしたい!

 今日勝ち越しを決めて、今年全場所勝ち越し通した雅山。
 やっぱりこの人は男の中の男だと思うくらい尊敬の目で見てるんですけど。絶対勝たないといけない、そういう一番は必ず勝ちますからね。諦めずに相手を崩すまで攻めて攻めて攻め抜く!とてつもなく男前なひとです。

 進退を賭けた魁皇はやっぱりみんなに愛されてる幸せなお相撲さんだと思う。どうか、来年もこの魁皇コールの轟く場所で究極の上手投げを打つ姿があることを願います。

 3勝受賞の豊真将と琴奨菊は、私が相撲に夢中になり始めた時はまだ入幕前だったのに、あっという間にここまで活躍して、来年鍵を握って上位のお相撲さんに成るまでに急成長を遂げてくれました。特に琴奨菊の技能賞には感動した。毎日大関や関脇と稽古してるんだから、強くなるのはあたり前だけれど。「琴奨菊と云えばがぶり寄り」の「自分の相撲」をとうとうものにしてくれて。本当にうれしいなぁ。

 好調でも不調でも、しょっぱい思いをした分だけ、影でこつこつと努力してきた人がいつか光を浴びるね。

 場所前いつも稽古不十分と注文をつけられる横綱だけど、やっぱりこの人も目に見えないところで、人一倍血を吐くような修練をしてるんじゃないのかな。そうじゃないと、土俵には立ってないよね。

 はふ。相撲が終わってしまいました。
 また来年、今場所移住の熱戦とドラマの数々を望む。

 はたして、来年こそは…
 新横綱、大関誕生、復活なるか?
 白鵬も帰ってくるし?
 朝青龍時代を終幕させることが出来るのか?
 安馬がは三役に復帰して、定着することが出来るのか?
 白馬も活躍してくれるかな?

 楽しみが尽きせぬ!

 平成19年初場所番付発表:12月21日(木)
          初日:1月7日(日)
 


 どうか、それまでは怪我の無きよう、少しでも怪我が癒えるよう。元気な姿をみんな見せて欲しい。
 お疲れ様でした。ほんとうに、今場所もたくさんの元気をもらえたよ。明日から、また私もまた気持ちを新たに頑張ろう。


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

銀梳 

2006/11/25 Sat.

胃腸もとい銀杏


うちのパソ銀杏が打てない


●画像が重くてでかくてすまん。
 今日の午後、図書館からの帰り道にて撮影したてほやほやですよ。
 公園内の木なので、側でお年寄りがゲートボールをやってたり、ブランコに乗って遊んでるこどもたちもチラホラ。
 近頃めっきりとゆっくり過ごす生活から遠のいちゃっていたので、こうしてカメちゃんを持って周りをじっくりと観察する余裕ができて幸せ。どんなにヘボ写真であっても、写真は偉大なり。


●暗雲たちこめる?
 バイトの話。まだオープン前というに、早くもパートのおばちゃんと教育係(チーフ)との間でなにやら雲行きが怪しいのですけれど・・・。そして、そんな空気の一番ど真ん中に挟まれちゃってる私はどうすりゃいいの?ハァー人間関係って難しいね。。


●優勝決定済み。
 相撲のこと。相撲のレポが全くかけない十一月場所。相撲の為に生きている私よりも母のほうが生中継みれてるってどういうこと?そして母がバイトから帰ってきた私に取り組み結果をバラすの。それはもうご丁寧に。これ見よがしに。もう母とは口聞きません!まったく!総じて私は相撲に対して欲求不満もいいとこだよ。ムキー!せ、千秋楽くらいは死に物狂いでレポ書きますよ。安馬も頑張ってくれてるからね。


●10分で夢の世界。
 最近寝前に聴いてる音。
 NHK 「にほんごであそぼ」 じゅげむ編
NHK 「にほんごであそぼ」 じゅげむ編
教材用 (2004/04/21)
ワーナーミュージック・ジャパン


 オン・プレジャー・ベント ~続・カラー・ミー・ポップ
オン・プレジャー・ベント ~続・カラー・ミー・ポップ
フリッパーズ・ギター (1993/09/01)
ポリスター

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 大相撲つぶやき場所

大相撲平成十八年十一月場所・13日(ありがとう。ここまで怪我に負けないでいてくれて) 

2006/11/24 Fri.

 幕下上位の白馬(はくば)が幕下全勝優勝しました!!!


 ここまで何回も怪我に苦しんできたけれど。ついに、ついに白馬が立派な関取の座を掴んでくれました(号泣)

 優勝インタビューではじめて。白馬の生声を聴くことが出来たし。もう感無量!初場所の十両土俵入りでの化粧回し姿をはやくみたーい!

 白馬のチャームポイント?はやっぱり泣き黒子だと思うので、どうぞチェックしてみてください。

白馬をよろしくね

四股名:白馬 毅(はくば たけし)
本名:アリオンバヤル・ウヌルジャラガラ
生年月日:昭和58年5月5日
出身地:モンゴル
所属部屋:陸奥部屋(豊桜関の付け人でした)
初土俵:平成12年初場所



edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

ポケットの中の小人 

2006/11/23 Thu.

チェリー


 はやくも私のポケットの中の小人ちゃん。
 vicksチェリー味にお世話になってます。

 1週間前からもう体がだるくて節々が痛くてね。働き始めたからか、生理痛か、風邪か。正体つかめないんで、適当に風邪薬と頭痛薬と鎮痛剤をかわるがわる飲んでます。


 で、昨日は人生初のビラ配りをしてきました。
 夕方の4時間。寒空の下がんばってきましたよ。
 最初の1時間は恥ずかしくて仕方なかったですけど。
 若いヒトは全然貰ってくれなかったですけど、おばさんたちは半ば私に同情しつつ貰ってくれるヒトもいましたよ。いや~おばさん&おばあちゃん世代は偉大だね。
 貰ってくれないとやっぱり傷つくし、自分がいかに小さな存在か身に沁みて感じました。それはもう、目まぐるしい人々の行き交う中で、シナリオ1本や2本くらい軽く上げられる位にいろんなことを考えました。
 う~ん孤独でしょっぱい体験だった。
 全く関係ない、ティッシュ配りやフリーペーパーを配っている人とも変な連帯感が沸いてきたりして・・・お互いの配布物を交換し合ったりもしました。(苦笑)

 今度ティッシュを差し出されたら、絶対受け取ろう。うん。

 そしてこの日、私のしがない「人生経験表」の中の「ビラ配り」の欄に新しく○がひとつ加わったのでした。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

Instant Light: Tarkovsky Polaroids Andrey Tarkovsky 

2006/11/22 Wed.

Instant Light: Tarkovsky Polaroids Instant Light: Tarkovsky Polaroids
Tonino Guerra、 他 (2006/03)
Thames & Hudson
この商品の詳細を見る


 そぞろ歩きで夢の世界へ。

 このアルバムに収録された60点のポラロイド写真は、偉大なるロシア人映画監督タルコフスキーが1979年から1984年にかけてロシアとイタリアで撮影した約200枚のなかから抜粋したもの。タルコフスキーの息子と、著名なイタリア人写真家ジョバンニ・キアラモンテがセレクションを担当した。

Instant Light


 今年購入した本の中でいちばん納得して気に入ってる本だと思う。
 
 洋書でポラに添えられている言葉も当然英語ですが、十分に意味と伝えたいことが理解できる。英単語もシンプルならば文字の配置、デザイン等も極めてシンプルでいて、あくまでポラのイメージを邪魔しない。

 タルコフスキーの息子が生意気そうに腕組みをしている(もちろんタルコフスキーがポーズを注文したんだろう)写真の横には、誕生日を迎えた息子への幸福を願うささやかなメッセージが添えられていたり。
 昨夜みた夢の話…自分が死んでいる夢とか、美しいイメージに関すること、信仰、願い、愛についてなど、身近な部分から吸収した最もシンプルでいて重過ぎない言葉がこころを落ち着かせてくれる。

 霧深き
 ロシアかイタリアか、タルコフスキーの映画の中か、はたまた彼の心象風景の中を
 タルコフスキーと共にそぞろ歩き。

 ※タルコフスキーの映画についてはcinemamodeの[RECOMMEND]をご参照ください。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

夜の朝顔 豊島 ミホ 

2006/11/19 Sun.

夜の朝顔 夜の朝顔
豊島 ミホ (2006/04)
集英社
この商品の詳細を見る



 聡い女の子の心の成長記。


 なんにもない田舎で暮らす小学生センリ。でも気になることは山ほどある。クラスメイトとの微妙な距離感、となり町での発見、垣間みるオトナの事情…。“明るい子ども”でいるため、言葉にできなかった7つの思い。人生で一番長い6年。小学生センリが初めて知る、不安、痛み、憧れ、恋。『檸檬のころ』で注目を集めた24歳の新鋭が、新しい発見に満ちた日々とほろ苦い成長の過程を、細やかに掬い上げる。


 私もこの本の主人公と同じで、あまり群れた考え(グループ思考)が出来ずにいたし、キャーキャー言う女の子が苦手だったし、寝癖も直さずに学校に適当に通っていた気がする(記憶に無いけど)。

 「お母さん」くらいの大人が読むと、「こどもってこんなに敏感で相容れない感情を押し込めてるんだ」と思いそうな本かもしれない。

 とにかくセンリが聡くて悟くて。大人なんて超えちゃってる大人びた観察眼の持ち主だった。でも確かに私も小学生の頃、言葉に出来なかったけれど、こういうことをモンモンと考えていたことは確かに思い出した。(今でも考え続けてるけど)
 そして、自分だけじゃなく。あのころ、私の周りに居た子たちそれぞれがまた少しずつ違った角度で聡い心を抱えていたのなら、それはもう大変なことだ。人間って大変だ。

 印象的なのは「ヒナを落とす」「五月の虫歯」「先生のお気に入り」の編。
 「ヒナを落とす」を読みつつ、これはもう太宰治の『人間失格』の考え方の第一歩なんじゃないかと強く感じた。

■目次■
入道雲がきえないように
ビニールの下の女の子
ヒナを落とす
五月の虫歯
だって星はめぐるから
先生のお気に入り
夜の朝顔
あとがき

edit

CM: 1
TB: 1

page top

Category: 大相撲つぶやき場所

大相撲平成十八年十一月場所・中日(魁皇劇団座長) 

2006/11/19 Sun.

 あっという間に中日です!

 今場所コレまれで一番面白い土俵が続いた日だと思います。

 ゲストの黒木瞳さんも相撲に不似合いなほどお美しく!

 では、叫ばせていただく。

 安馬に初日が出たぞ!やっほい!!!

 安馬と全勝の琴光喜の対戦でしたが、私はどちらも贔屓力士なのでいつもはテレビ前で「安馬ー!」って叫んでますが、今日は無言の観戦でした。安馬のあの強烈なノド輪が琴光喜の首に直撃しましたね!ハイスピードカメラの映像でも安馬がノド輪おしつつも、じーーーっと琴光喜の動きを凝視していましたね。
 以前安馬がTV番組の中で「相手を殺す気で…」って言ってたのを思い出しちゃったよ。
 しかし、安馬はよくやってくれたよね。本当はノドから手が出るほど白星が欲しくて、変化も考えるはずなのに、ああやって正面から仕掛けて行ってくれて。本当にありがたい白星だよ(涙)
 安馬も嬉しかったらしく、花道奥のお客さんとハイタッチしたくらいだからね♪私も心の中で安馬とハイタッチしました。


 魁皇と出島戦は…もう言わずもがな…。出島の出足も鋭いところを着いてたけど、魁皇のあの残す気力というか気持ちというか…。もう最高。

 栃東と朝青龍にはそりゃないだろう!としか言葉が出ない。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

ズボンは脱いじゃダメ 

2006/11/18 Sat.

■近況ダイジェスト

 ■大相撲のこと。
  みれてません。全くみれてません。昨晩やっと3日目~6日目の録画分を見ることが出来ました。その前にニュースと新聞で結果知っちゃって、おまけに安馬にまだ初日が出てないことにダメージ受けてます。

   安馬は6日目で上位戦は終えたけど、どうやら足が動いてなくて、ばたばたして自分からツンノメッテ落ちちゃう感じだったね。九州場所の土俵は乾燥して滑りやすいらしいけど、それにしてもばたばしてたよね。6日目の魁皇戦が今場所一番動けていたと思うんだけど、今日が初日と思って、思い切った相撲を見せて欲しいな!まだまだこれからさ!

  優勝争いは朝青龍と千代大海と魁皇と朝赤龍と琴光喜が星を落とさず来てますね!特に琴光喜がね~風邪気味らしいけど、それが逆にいいらしい。嬉しいぞ。でも、このヒト褒めちゃうとナゼか負けちゃう感じがあるので、あんまり騒がないでおこう。
  あと魁皇ね。日増しに魁皇コールが大きくなっていってるし、調子がよさそうでうれしい過ぎる!キラキラ魁皇はもう、安定感が出てきたよね。とにかく面白くなってきた!

  幕下上位の白馬も今のところ連勝中!来年こそは十両・関取の位を手に掴んで欲しい!


 ■バイトのこと。
   実はオープン間近な新店舗の技術系スタッフとして雇われてるんです。で、かなり力を入れた店にするらしく、研修やら朝礼やらデモ・オープンやら商品陳列…来週から本格的に忙しくなるデス。でも、なぜペーペーの私が会議からビラ配りまで請け負わねばならんのかがちょっと謎になってきましたよ。せめてビラ配り人員くらい雇いやがれ。

 ■ブログのこと。
  めっきり更新率低下中。本当は相撲のレポや本の感想を更新したいけど、今は無理っぽいですな。


  今日はとりあえず、昼から薬を貰いに行って、相撲を少しでも生中継でみて、夕方から先週ボツになった友達との遊びがあります。
 今日こそは勝負!!!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

馬車馬のごとく! 

2006/11/15 Wed.

■購入コミックス
not simple
not simple
オノ ナツメ (2006/10/30)
小学館
リストランテ・パラディーゾ
リストランテ・パラディーゾ
オノ ナツメ (2006/05/18)
太田出版
LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋
LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋
オノ ナツメ (2006/07/28)
小学館
さらい屋五葉 1 (1)
さらい屋五葉 1 (1)
オノ ナツメ (2006/07/28)
小学館
コダマの谷 王立大学騒乱劇
コダマの谷 王立大学騒乱劇
入江 亜季 (2006/08/31)
エンターブレイン
群青学舎 一巻
群青学舎 一巻
入江 亜季 (2006/08/31)
エンターブレイン


 休みだったんで、漫画買いに走りました。  うなぎのぼりなオノ・ナツメさんの作品をバカ買いしてきました。ただしいつ読むんだよ?ってなくらいちょっと時間が無いんですけどね。

 入江亜季さんの方は、「このひとの名前どっかできいたことある」とか言ってましたが、『ぱふ』で「入江あき」名義で連載されていからだった。「コダマの谷」の方にはあとがきがあるので、初めてのヒトは「コダマ~」の方がいいかな?私は「群青学舎」先に買っちゃったから謎だったんだ。

 それぞれ一応HPあるみたいよ?
オノ・ナツメ
入江亜季

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

スワンレイク 

2006/11/13 Mon.

スワンレイク


 バイト先近くの公園には白鳥(白鳥だよね?)がたくさん住んでます。

 正直、鳥類を苦手とする私は白鳥のでかさが怖くてダメですが、水の上をすべるように浮かぶ姿や水浴びをする仕草は非常に優雅。

 ただし、白鳥が白すぎて写真に写すととんじゃうんだよね。勉強になりました。

 余談だけど。「スワンレイク」といえばチャイコフスキーのバレエ音楽だけど、あの曲ってムラムラこない?すんごく興奮する。



 今日は大相撲2日目の感想記事更新できませんが、モンゴル勢の魁となった旭鷲山の引退が発表されましたね。旭鷲山は土俵にとって無くてはならない存在だと思っていたので凄く残念に思いました。引退会見でも親方に最後まで感謝して頭下げて、私もああいう人間になりたいと思った。15年間、ほんとうにありがとう。引退理由に心臓の病気が挙げられていましたが、会見中も顔色があまり良くなかったので心配です。どうか、モンゴルに帰っても元気で、また別の道で輝いて欲しい。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 大相撲つぶやき場所

大相撲平成十八年十一月場所・初日(落武者とモミアゲと時々テッポウ厳禁) 

2006/11/12 Sun.

 十一月場所が始まったので、ささっと相撲仕様にサイドバーを変更しました。

 今日は1時頃からずっとTVで中継を見ることができて幸せなんだけれども、今場所はかなり適当な感想しか書けそうもありません。ちょっとリアルタイムでみられることも少なそうだし、夜中に録画映像をみて密かに楽しむことにします。モチロン出先では携帯サイトでチェックしますが。

 で、今日のサブタイトルは高見盛=落武者、把瑠都=モミアゲをイメージ。把瑠都のモミアゲはみんなに不評でしたけど。

 んで、やっぱりご当所力士だけあって魁皇人気がべらぼうに高いですな。まだ、私の目からは「キラキラ魁皇」復活ってほどではなかったけど、かなり調子がよさそうで安心したよね。ため息物の強烈な上手投げだった。

 で、一番楽しみにしていた今場所の安馬は、土俵入りの時から体がまた大きくなってたことが何より嬉しかった!特に胸筋すごくね?ウヒヒ。中入りに安馬の稽古姿が見れて幸せだった~。がんばってんなー。
 安馬は栃東戦。ん~あたりは良かったと思うんだけど、栃東が崩れなかったね~。悔しいー。もうちょっとなんとかしたかった。
 今場所安馬は前頭筆頭の位置で、上位戦だらけだと思うけど。今年の成長具合を確かめられるチャンスだと思う。どうにかこうにかもがいて、暴れて上に上がって欲しいな。安馬が稽古した分、土俵に出せるといいよ。

 明日は安馬は露鵬戦です。

 露鵬もあともうチョットで横綱にねぇ~。おっしいな~。


 そんなこんなでワクワクしっぱなしの初日でした。
 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

黒テカ 

2006/11/11 Sat.

おぬしの靴から蜂蜜があふれるがよかろう


 9月にネットでぽちった靴が届いたよ。(入荷待ちでした)
 このテカテカで安っぽいところに惚れたばい。

 今のところサイズもまあまあ。軽くて履きやすいかな。
 
 んじゃ、お昼ごはん食べて、バイトに出かけます。
 
 確か、17:10~BS2で大相撲九州場所の前夜祭が放送されるので、録画するぴょん。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

おぬしは血祭りにあげられぬよう励め 

2006/11/10 Fri.

 ふ~結局テンプレは元のデザインに戻しました。うちのブログは写真が多いから、落ち着かんとです。

 写真集の感想をひとつ公開することが出来てひと安心。(内容はともかくとして)

 昨日は「飲み」があるとか書いてましたが、直前に先方から「残業になった ごめん」とメールが入り、残念ながら会えずじまい。
 勝負の前に不戦敗?

 結局、家で親戚から送られてきた蟹を肴に飲みました。むなしい。
 一瞬私もはやく「残業が…」なんて言葉をたくみに使いこなし、誘いを断ってみたいものだ…と思ってみたものの、いろんな意味でまた哀しくなったのであった。

 せっかくの休みの今日は、酒の抜けない重たい体を引きずって、家中を掃除して回ってました。

 こんな休みでいいのだろうか?

■今日聴いた音
キス
キス
イメージ・アルバム、久川綾 他 (2000/08/25)
ジェネオン エンタテインメント


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 大相撲つぶやき場所

初日まであと2日! 

2006/11/10 Fri.

 あちゃー。白鵬は休場が決定したらしいね。
 今場所こそ大関陣&役力士に大暴れしてもらいたかったのになー。

 安馬は左手と腰を痛めてしまったって新聞に書いてあったんだけど…大丈夫???

 10回目の角番、魁皇は地元で復活できるのか?
 嘉風は幕内に返り咲けるのか?
 白馬は来年こそ十両に昇進できるのか?
 兄弟幕内力士の活躍やいかに?
 琴欧洲の改名効果が発揮されるのか?
 安馬が今場所も活躍してくれるのか?

 うあ~はやく初日がみたい!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

アメリカンズ―ロバート・フランク写真集 ロバート・フランク 

2006/11/10 Fri.

アメリカンズ ロバート・フランク

アメリカンズ―ロバート・フランク写真集 / ロバート フランク

 「ふと眼を向けると、こんな光景がありました」的写真集。 


 老人がおどおど老人杖をもって取り壊されて久しい老階段の下に立っている、クリーランド公園の芝生で寝ている刺青野郎…。ユーモア、悲しみ、なんでもあり性-とことんアメリカ的な写真集。


スイス人のロバート・フランクが高度成長期真っ只中のアメリカ各地を撮影し、その姿をおよそ500本のフイルムに納めます。それが1958年にパリで出版された有名な写真集『The Americans』

 ロバート・フランクって聞くと、「前衛的(コンポラ)」って言葉が浮かぶけど、改めてこの人の写真集を眺めてみると、めちゃくちゃ偶発的で、運命的な瞬間を切り取ってるような気がする。
 なんというか、変な小細工を使ってる嫌らしさが無いんだよな。

 洒落たドレスを着てすました表情の女性もいれば、路上で休憩中の労働者もいて、トイレで靴磨きをしている人もいる。
 どうしてこの女性は裕福そうなのに、表情はちっとも幸せそうじゃないのか?とか、被写体の幼い時からの性格形成、人生履歴まで事細かに妄想してしまう。

 確かに雑多でパワーとヒトが溢れてはいるけれど、必ずしも人間ってそのスピードについて行けるのが当然では無いわけで。
 そっと切り取られたアメリカ人の表情にハッとさせられる。

Robert Frank: The Americans Robert Frank: The Americans
Robert Frank、Jack Kerouac 他 (1998/05)
Scalo Publishers
この商品の詳細を見る


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

マイルスの口癖 

2006/11/08 Wed.

 ブログのテンプレを変えました。
 明日は朝早くからバイトに向かうことになったので、早く寝ますよ。
 バイト先でも、家でも、風邪っぴき人口が急激に増えているので注意せねば!

 金曜日が休みなので、その日に写真集やらの感想が更新できるといいよ。

 私の最近の悩みは、日曜から始まる相撲がバイト行き始めて見れなくなることです。録画システム?を完璧に準備しなければ…。
 しかし生で見れないのは死活問題。

 ちなみに明日の夜は友人と半年ぶりに飲みです。
 勝負!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

寒いんじゃぼけー! 

2006/11/07 Tue.

 風冷たい。
 クリスマス・ツリー寒い。

 寝酒をしこたま飲んでも寒さで酔いが醒める冬到来ですな。
 起きて→バイト行って→ご飯食べて寝るの繰り返しなので、非常に意識がもうろうとしくる。
 写真集の感想がなかなか書けましぇん。
 せめて、明日を生き抜くために防寒対策を計ろうと、モフモフのジャケットの行方を探ってみたが…。
 母に廃棄されていたことが発覚!
 むきー!
 ええ~い!どうしてくれよう!

■昨日読んだ漫画
 僕といっしょ (4)
僕といっしょ (4)
古谷 実 (1998/12)
講談社


■漫画&小説発売日メモ
 11月末:大奥2 よしながふみ
     心霊探偵八雲6~失意の果てに~ 神永学

■最近の音
 ラ・カンパネラ~ユンディ・リ/リスト・リサイタル / ユンディ・リ
 わが恋はここに ~エラ&ルイ・シング・ガーシュウィン / エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング、エラ・フィッツジェラルド 他
 ソー・ホワット(紙)
ソー・ホワット(紙)
マイルス・デイヴィス&ジョン・コルトレーン (2003/03/26)
アブソードミュージックジャパン

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

芥子の花 西條 奈加 

2006/11/05 Sun.

芥子の花 芥子の花
西條 奈加 (2006/09/21)
新潮社
この商品の詳細を見る



 極悪非道の金春屋ゴメス返り咲く!
 

 海外に出回った阿片の産地として槍玉に挙げられた江戸国。「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守は、異人たちの住む村に目をつけるが…。辰次郎、時代劇オタクの松吉らに、新メンバーも登場する異色時代小説第2弾。


 金春屋ゴメスの続編が出版されましたvv

 う~んイマイチ事件にひねりが足りないといいますか・・・。
 「近代日本の中で鎖国し、国家として江戸が独立している」という設定は相変わらず面白いし、興味深く魅力なんだけれども、いかんせん「江戸」の設定がどうしても狭いので、ストーリーを作る上でも苦しくなってきてるんじゃないのかな…と。

 私がこの本の中で興味のある登場人物が韋駄天とゴメスと栗田様くらいなので、正直言って主人公の辰次朗の真直ぐな性格とか、色恋沙汰には興味が持てないんだよな。

 今回、一番爆笑したシーンはゴメスが鯉を人質?(魚質)にするところかな。あと、流人島の囚人たちもゴメスを超怖がっているところが面白かったかな。

 シリーズはまだ続きそうな気配も漂わせてますが、どうなんだろう。人気次第のような気がします。


 最後に、やっぱり韋駄天は最高にカッコイイ☆
 今回は辰次朗に恋のご指南までしてたし♪
 どうせなら、韋駄天を主人公にして欲しいよ。

□シリーズ1作目
金春屋ゴメス
金春屋ゴメス
西條 奈加 (2005/11)
新潮社

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

霧深き日 

2006/11/04 Sat.

すいすい


 自室に篭るのもまずいので、図書館まで歩いてきましたよ。
 寄り道したり、自転車のスピードでは察知できないあれこれを探索できました。

 あれやこれやで3時間くらい歩いたことになるかな?

□購入本

 
Instant Light: Tarkovsky Polaroids Instant Light: Tarkovsky Polaroids
Tonino Guerra、 他 (2006/03)
Thames & Hudson

この商品の詳細を見る

 映画監督タルコフスキーが1979年から1984年にかけてロシアとイタリアで撮影した約200枚のなかから抜粋したポラロイド写真集。ずず~と探していたのだが、今年やっとペーパーバックで復刊☆
  三四郎はそれから門を出た / 三浦 しをんの中でしをんさんも注文していたのには驚いた。人気が出て、気づかぬうちにまた絶版なんてことの無きよう、ポチりました(ネットで購入)。写真に添えてある言葉がまた平凡でいて神秘的でいい。心を静めたいときとか眺めてます。
 
群青学舎 一巻 群青学舎 一巻
入江 亜季 (2006/08/31)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る

 ちょっと気になっていた漫画。帯によると作者は新人らしいけど、この名前どっかで見たことあるんだよな~。まだ読んでません。ハズレはないと思うけど…。

□近いうちに買う?本

 
極上掌篇小説 極上掌篇小説
いしい しんじ、石田 衣良 他 (2006/11)
角川書店

この商品の詳細を見る

 超豪華執筆人勢ぞろいでごわす!私のお目当ては吉田篤弘さんなんだけどね。真っ赤ですね。本が。
 
シュミじゃないんだ シュミじゃないんだ
三浦 しをん (2006/10)
新書館

この商品の詳細を見る

 しをんさんが書いたBL漫画のレビューを集めた本。私はそんなにBL漫画に抵抗ない人間なんで、愉しみにしています。しをんさんが書いたBL小説も書き下ろしで載ってるそうですよ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

あめふらしー 

2006/11/03 Fri.

 只今、風呂待ち中。

 親が温泉に行ってきたらしいので、自分の為にお風呂を沸かしたら、お湯が溜まった瞬間に姉に横入りされてしまいました。
 しかも、1時間も待ってますよ。かれこれ。


 実は、脱ニート計画進行中でして、今日はバイトの初日だったですよ。
 4時間だけだったので、別段疲れも感じなかったのですが、感動も何も無かったです。最近周りというか、母親から数々の精神的苦痛を強いられていたので、まあ、家にいるよりは金になってマシですね。

 何を持って脱ニートなのかも解りませんが、今日からフリーターに転身ですよ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

誰にも奪えぬこの想い 

2006/11/01 Wed.

 待つのって苦手。

 生理痛の薬が効いてくるのを待ってるところ。暇なので最近の近況報告でも。

 2週間くらい、脱ニート?をいい加減計ろうと想い、求人雑誌とか見て、バイトの面接とか行ってました。

 私は正直ニートの定義も解んないし、バイトとパートの違いも解んない。

 求人雑誌とか眺めて、自分が働いている善い所ばかりを妄想してニヤニヤして、履歴書書いて、面接を受けに行くところまでは趣味にしたいくらい楽しいと思う。

 でも実際、採用の電話とか貰って、実際働くことをグルグル考え始めてしまうと、色々と欲が出てきたりしてしまう訳で…。

 どうせなら派遣会社に登録した方が、合わなかった時すぐ次の仕事を紹介してもらえるし、もらえるお金も割がいいとか…。
 そんなことを考えてしまうのは、先日採用を貰った担当者が、なかなか連絡をよこしてこないせいだ!

 グルグル悩む前にさっさと働き出したかったのに!
 生理痛で本当は無理だし!

 もう、全てが無駄になってきた気分。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

9月と10月の波 

2006/11/01 Wed.

 ○9月に読んだ本。

 高慢と偏見 ジェイン オースティン
 一千一秒物語 稲垣 足穂 たむらしげる
 三四郎はそれから門を出た 三浦 しをん
 新編銀河鉄道の夜 宮沢 賢治
 義経千本桜 岡田 嘉夫 橋本 治

 9月は今思うと、ストレスも溜まりに溜まっていて、意識も定着しなかった。感想も超適当で、ろくな感想が書けませんでした。(いつもだけど)でも、読みたいものは読んでたか。

 ○10月に読んだ本。

 12番目のカード ジェフリー ディーヴァー
 手拭いづくし―注染 大沢 美樹子  岡本 寛治
 それからはスープのことばかり考えて暮らした 吉田 篤弘
 スイッチ さとう さくら
 江利子と絶対―本谷有希子文学大全集 本谷 有希子
 生きてるだけで、愛 本谷 有希子
 人のセックスを笑うな 山崎 ナオコーラ

 10月は新しい本ばっかり読んでますね。そして、主人公がうつ病だとか、フリーターだとか、ニートだとか、つまり世の中と旨く溶け合えない私のようなひとたちの話ばっかり読んでいた。
 今更ながら、やっぱり私はうつだったのか…とか、今になって自覚する部分もたくさんあった。
 そして相変わらず適当な感想しか残せてない気がする。

 ※リンク先はこのブログ内の感想。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2006-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。