流星シラップソーダ 

 ラクに生きたいよまったく。気になる記事があればコメント気軽にどーぞー

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 大相撲つぶやき場所

大相撲平成十八年十一月(九州)場所・番付発表 

2006/10/30 Mon.

  九州場所番付発表
西
朝青龍 横綱
千代大海 大関 琴欧洲
栃東 大関 白鵬
大関 魁皇
雅山 関脇 琴光喜
稀勢の里 小結 黒海
安美錦 小結 露鵬
安馬 前頭筆頭 岩木山
琴奨菊 前頭二 普天王
時天空 前頭三 出島
豪風 前頭四 垣添
北勝力 前頭五 栃乃洋
旭天鵬 前頭六 把瑠都
玉乃島 前頭七 春日王
豊桜 前頭八 鶴竜
高見盛 前頭九 朝赤龍
旭鷲山 前頭十 豊ノ島
豊真将 前頭十一 北桜
潮丸 前頭十二 土佐ノ海
安壮富士 前頭十三 栃乃花
玉春日 前頭十四 白露山
皇司 前頭十五 片山


 九州場所初日11月12日(日)

NHK 大相撲中継 2006年 11月号 [雑誌] NHK 大相撲中継 2006年 11月号 [雑誌]
(2006/10/24)
NHKサービスセンター
この商品の詳細を見る

 余談だけど、安馬が「NHK 大相撲中継」の表紙を飾りました~♪朝青龍と2ショットですが、安馬よ、いつの日か単独で表紙を飾っていただきた~い。
 今回の特集は化粧回しのお話でしたよ。
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 1

page top

Category: 読書の波

人のセックスを笑うな 山崎 ナオコーラ 

2006/10/30 Mon.

人のセックスを笑うな 人のセックスを笑うな
山崎 ナオコーラ (2004/11/20)
河出書房新社
この商品の詳細を見る



 とろとろでいて、半透明な関係。

 19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた。歳の離れたふたりの危うい恋の行方は? せつなさ100%の恋愛小説。『文芸』掲載を単行本化。第41回文芸賞受賞作。


 最近ダ・ヴィンチ 2006年 11月号 [雑誌] でも注目されていて、タイトルと著者名に魅力を感じたので読んでみた。

 タイトルは「人のセックスを笑うな」ですが、中身の方はとろとろでいて半透明でギャップがいい。詩を読んでるみたいな錯覚に陥りました。そして行間に半端なく感情の霧を張り巡らせる、文章の持ち主でした。

 あんな短い一文一文で、どうしてこんなに雰囲気と感情を作り出せるのか不思議。
 「皆までいうな」的、多くを描かないスタイルがいいのかな~。

 ユリちゃんの少し身勝手な言動が魅力だった。それがあったからこそ、こういう低温火傷みたいな関係が成り立っていたんじゃないかと、私は思う。

 久々に「行間がいい」と思える作家さんに出会えてうれしい。
 ちなみに、著者名はコーラが好きだからナオコーラにしたらしいよ。

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 読書の波

生きてるだけで、愛 本谷 有希子 

2006/10/29 Sun.

生きてるだけで、愛 生きてるだけで、愛
本谷 有希子 (2006/07/28)
新潮社
この商品の詳細を見る



 鬱だけど、過眠症だけど、続かないフリーターだけど。
 常に全力疾走。

 ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。芥川賞候補作。

 電車で移動しながら読んだので、噴出すのをかなり我慢した。
 特に元ヤンキー夫婦の経営するアットホームなイタリアンレストランで働く部分は。

 あぁ。やっぱり、自分の中の世の中との溶け合えない部分が、「解る解る」と大声で叫びだしそうな本でした。

 ウォシュレットが怖いとか、パルコのカードが作れないとか、保険証が無いとか、自分が「人間じゃない」って見破られる小さいようで大きな拒絶。そんな自分と死ぬまで付き合っていかなきゃならない現実。

 自分が何者かも解らないのに、誰かに自分を解って欲しくて解って欲しくて。唸りを上げたいくらい苦しいけど、そこには五千分の一秒だけでもいいから「愛」を求めてた人間らしい自分もいるわけで。

 そんな格闘が「生きてるだけで、愛」
 いいタイトルだね。そうズバッと、この言葉を置いてくれるだけでいくらか救われる感じがする。


■目次■
生きてるだけで、愛
あの明け方の

edit

CM: 7
TB: 3

page top

Category: 雑記帖

どこに行っても安らげない。 

2006/10/29 Sun.

0


 家出から帰還しました。
 3日間くらい、ヒモみたいな生活をしてきましたよ。
 自分は一切働かず、火事もせず、お金も払わず…。
 漫画読んで、夜になったらスーパー銭湯や温泉をハシゴした。
 幸福感はなく、頭痛がするほど漫画読んで、眠たくなったら寝て。

 どこに行っても安らげないらしい。

 ま、今日からは自分のベッド&布団&枕で眠れるので、それが嬉しい。


■家出中に読んだ漫画など■
拝み屋横丁顛末記 7 (7) 拝み屋横丁顛末記 7 (7)
宮本 福助 (2006/09/25)
一迅社

この商品の詳細を見る

西の善き魔女 5 (5) 西の善き魔女 5 (5)
荻原 規子 (2006/06/09)
マッグガーデン

この商品の詳細を見る

黒の太陽銀の月 (5) 黒の太陽銀の月 (5)
前田 とも (2006/01)
新書館
この商品の詳細を見る

 ひとのススメで読んだので、どうしてもファンタジー系に傾いていますが「拝み屋横丁顛末記」が面白かった。ドラマCDまで聴かせて頂いて、なんでもありの濃い世界を爆笑しながら垣間見ました。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 携帯から更新

ハサミガチョキチョキ 

2006/10/26 Thu.

携帯から更新。 一年ぶりに髪を切りました。今まで引きずってきたものを切り捨てました。 髪切りついでに、数日家出しま~す。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

江利子と絶対―本谷有希子文学大全集 本谷有希子 

2006/10/25 Wed.

江利子と絶対―本谷有希子文学大全集 江利子と絶対―本谷有希子文学大全集
本谷 有希子 (2003/10)
講談社
この商品の詳細を見る



 徹底的に突き詰めて追い込んでゆく。
 インモラルな脳内沸騰の瞬間をどうぞ。


 引き篭もりの少女・江利子と、“絶対”と名付けられた犬のコンビが繰り広げるぬるい日常を姉の視線から描く表題作『江利子と絶対』。頭髪に問題を抱えた中年男・多田と、その隣人の帰宅を生垣に潜んで待つ女・アキ子。ふたりの悲惨な愛の姿を過剰なまでのスケールで描き出した『生垣の女』。問題児でいじめっ子の波多野君と、その手下の僕と吉見君。3人の小学生が迷い込んだ、窓のない屋敷は…。手に汗握る殺人鬼との攻防を描く、ホラー傑作『暗狩』の3編を収録。


 こういう、暴力的な追い詰め方を描いていて、本谷有希子さんは疲れないんだろうか?はたまた、ストレス発散になるのだろうか?


 自意識過剰でハチャメチャな登場人物たちを、読者は一歩引いて「すごい、キャラだー」とか思いそうだけど。その反面、人間誰しも「人目を気にせず、後先考えずハチャメチャに生きてみたい」とどこかで登場人物たちのことを羨ましく感じる瞬間があるんじゃないのかな。

 結果的にいい意味でも悪い意味でもなく、白黒はっきりつける事の出来ない「自分の打ち破り方」が描かれているんじゃないかと…私は思う。

 『闇狩』の波多野君に代表されるような「嫌われ者」と「存在の必要性のない」僕のような、今迄小説の中で絶対スポットの当てられないような存在を「肯定」してくれるありがたい小説でした。

edit

CM: 2
TB: 1

page top

Category: 雑記帖

おばちゃんはオカメインコを肩に乗せて 

2006/10/24 Tue.

秋の薔薇


 3時間ばかり散歩して、薔薇がたくさん植えられている公園にたどり着いた。

 夕方だから、犬の散歩に来てる人がたくさんいて、その中にオカメインコを散歩?させている奇妙なおばちゃんがいました。
 私は遠目から、オカメインコの後を歩いているおばちゃんを眺めていたのだけど、おばちゃんと目が合ってしまった。

 とりあえず笑っておこうとニッコリしておく私。

 とりあえず、ニッコリ返してくれるおばちゃん。

 ……。

 それからも遠くから眺め続ける私。

 風が強くなってきて、そろそろみんな家路へと向かい始める。

 おばちゃんとオカメインコも…。

 自転車に乗ったおばちゃんの肩に、オカメインコがちょこんと乗っかって、夕日の中に消えてゆきました。
 

出会い猫

 おまけ。今日出会った猫です。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

ナイトスイミング 

2006/10/23 Mon.

フィンランドのパンフ


 用事が済んでも、最近家に帰りたくない。
 できるだけお金を使わず、できるだけ遅く家に着くように頑張っています。

 そんなこんなで、街中にある小規模ギャラリーに寄り道してきました。
 「日本―フィンランド 響きあう心」という、フィンランドと日本の似ている風景を集めた写真展が開かれていました。

 内容は正直、ピンとくるものではなかったものの、フィンランドの楽器、「カンタレ」を間近に見て、生音を聴くことが出来たので感激したよ。とっても繊細。

 帰り際にしっかりパンフレット(無料)をお持ち帰りしました。
 私、パンフレット(「ご自由にお取りください」)を集めるのが趣味でして。

○○○○○

 人から、「そんなに資格があるのにもったいない」って言われた。

 自分に対して、まだ「もったいない」なんて声を掛けてもらえたことに一瞬唖然とした。
 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

生きやすいように流れを作りたいだけさ 

2006/10/21 Sat.

 ちょっと調子こいて、音楽聴きを再開しました。
 寝ながらヘッドフォンで聴いてます。朝目が覚めると、コードが首に巻きついて苦しかったり。


 こんなの聴いてます。

 TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT / BEAT CRUSADERS
 Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)- / BONNIE PINK
 ポシビリティーズ / ハービー・ハンコック、ジョン・メイヤー 他
 ルーム・フォー・スクエア / ジョン・メイヤー
 American Idiot / Green Day
 In Time: The Best of R.E.M. 1988-2003 /R.E.M.
 Around the Sun / R.E.M.
 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

安馬の幸せってなんだっけ? 

2006/10/20 Fri.

「幸せってなんだっけ?」出演


 安馬がとうとうゴールデンに進出です!
 とうとう細木さんの餌食に…(モゴモゴ)

 久々に興奮して疲れたよ。

 安馬の描いた絵も久々に見れたし(見たこと無い作品)
 安馬の笑顔をいっぱい見れたし
 安馬の包丁使いもみれたし
 安馬の「よかった よかった」もみれたし(ちょっと引いた)
 安馬の牛丼にかぶりつく画もみれたし


 言うこと無いです。
 ほんと言うと、嬉しいけど、ちょっと寂しい。
 あまりバラエティ番組にも出て欲しくなかったりする。

 あぁ~安馬可愛かった~。はふ~。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

スイッチ さとう さくら 

2006/10/20 Fri.

スイッチ スイッチ
さとう さくら (2006/04)
宝島社
この商品の詳細を見る



「悩まないのが、正しいんですかね?」
「…正しくないと、ダメですか?」


 晴海苫子26歳、フリーター、そして処女。人とうまくコミュニケーションをとることができず、簡単なバイトでさえもクビになる始末。苫子の恋の行方はどうなる? 平成ニッポンの「ライ麦畑でつかまえて」ここに誕生!

 私にとっては、とてつもなくタイムリーで、ズシズシ突き刺さって、苦しいけれども共感できる本でした。
 完璧に主人公の思考回路が私と同じでありまして。
 改めて、自分が社会や人間に溶け込めない理由や、ねじれにねじれて、ひとから何を言われても皮肉としか受け止められないところとか、自分を少し客観的に見つめることが出来ました。

 でもなー…なんだかんだ言いつつ、苫子さんは逞しく、食っていくためにさっさとバイトを見つけて働いてるんです(続かないけれども)。私に似ているけれど、全くもって、羨ましい。

 答えの出ないことに悩みつつも、自分で働いて、生きているんです。他人と自分が消える「スイッチ」を探してしまう…暗い考えだけれども、それもある意味格闘であって、必至に必至にもがいてる。


 いつまでたっても大人になれない自分を、どうしても好きになれない。


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

天国では皆、海の話をしているらしい 

2006/10/19 Thu.

 KNOCKIN'ON HEAVEN'S DOOR
KNOCKIN’ON HEAVEN’S DOOR


 この1年でいちばん行動できはじめた日。

 周りのひとたちは「あたりまえ」で「当然」かもだけどさ。

 こんな行動を気負いせず、続けることが出来たら、少しは世界と溶け合えるかもしれません。

 1年逃亡して、甘えてきた分だけ、そのツケが大きくなっていたけど、まだまだこれからですよー。

 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

考えるんじゃない。感じるんだ。 

2006/10/15 Sun.

轆轤実演

 岡山県に備前焼の器を見に行って来ました。
 町のいたるところに焼き物の為の窯が点在している、ゆったりした所です。

 陶芸家の轆轤実演もありまして、たくさんの人だかりが出来たにもかかわらず、静かで、息遣いと皮膚と粘土の感触が伝わってきそうな濃密な瞬間でした。「すすす~っ」と、刻一刻と形が変化していって、目が離せなかった。

備前焼

 コチラは今日お持ち帰りした器たち。
 長い間大切に使うと、木の家具や皮の鞄みたいに色に深みが増すのだそうですよ。
 私は急須を探しに行ったんですけど、急須は高かったので断念しました。う~。


 たくさん写真撮ってきたので、しばらく写真だらけになるかもしれません。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

起死回生ばあば 

2006/10/13 Fri.

 あーうーあー(とうとう頭がおかしくなった?)

 自主的に。
 衣替えと部屋の大掃除をしてました。
 重点を置いたのはクローゼットの中でして、棚やチェストを動かしたり、夏服をせっせと畳んでいました。

 最近、また精神的に追い詰められることがありまして、自室は案の定私の脳内縮図のごとく、ヤバイ状態でした。

 1日格闘したおかげで、すっきりさっぱりです。

 精神的にやばい状態になって快復してくると、また目線も変わるというものなんでしょうか?

 ここ2日ほどは、新しい発見がたくさんあって、嬉しくもあり、また焦りつつもあります。うー。

 今日一番ショックだったのが、ジョン・メイヤーの新しいアルバムが発売されていたことに全く気づいていなかったことです。
Continuum Continuum
John Mayer (2006/09/12)
Columbia

この商品の詳細を見る

 さっき視聴しまくってきたんだけど、声に厚みが益して、アーシーな色気が倍増してました。バカ売れしてもおかしくない傑作なんだけど、すぐにバカ売れ記念盤とか出されたらたまらん。今買うべきかな?
 もうすぐライヴしに来日するそうで、チケット入手できた人は羨ましすぎる!
 まだ前作のjazz&ブルースアルバムも手に入れてなかったりするのになー(涙)

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

それからはスープのことばかり考えて暮らした 吉田 篤弘 

2006/10/12 Thu.

それからはスープのことばかり考えて暮らした それからはスープのことばかり考えて暮らした
吉田 篤弘 (2006/08)
暮しの手帖社
この商品の詳細を見る



 どんなときでも同じようにおいしかった。だから、何よりレシピに忠実につくることが大切なんです…。ある町に越してきた映画好きのオーリィ君と、彼にかかわる人たちとの日々の暮らしを描く短編集。


■サンドイッチ
 儀式のように日常を綴ってる。「さすが吉田さん」と言いたくなるような、軽すぎず重すぎずな言葉選びにニタニタしつつ読み始める。

■月舟シネマ
 あるあるあるよ~。「中の下」みたいな映画でも、ちょい役の役者さんがどうしても気になって仕方なくなること。そして同じ出演シーンを何十回と再生してしまうこと。

■電報
 そうきたか~!携帯メールが電報ですか~(≧∇≦)さすが吉田さん!
 今現在、私もオーリィ君と同じ立場なので、安藤さんの「あっという間に時間は過ぎてしまうよ」はグッッッッッサリと突き刺さりました。そしてオーリィ君と同じ夢をみたりして…。とにかく痛かった。
 そして安藤さんが可愛すぎる。大家さん(マダム)と奪い合いたいくらい惚れてしまった。

■夜鳴きそば
 サンドイッチに関するこだわりのお話。
 なるほど。「作り手の最後が食べる側の最初」ねぇ。面白い。

■レインコート
 ははぁー!「アンコがちょびっと」だからアンチョビですかー。

■うわの空
 タイトル通り、オーリィ君の意識も飛びやすくなっていて、読者の立場の私も偏頭痛で意識を飛ばしつつ読みました。しかし、オーリィ君は凄いね。ついこの間まで無職だったのに。

■口笛
 意識はますます飛びぎみに(オーリィ君の?私の?)。
 それでも大切なことが書かれてる。「その「誰か」を笑顔の方に近づけること―それが仕事の正体ではないか。」

■遠まわり
 うまく言葉に出来ないけれど、この章が好きだ。
 特に「遠まわり」に関するところが。私も方向音痴のくせに自信過剰だから、道に迷っても(勘で行動しているので「迷う」とも言えないような気がするが…)「引き返そう」なんて考えず、どんどん進んでしまう人間です。でも、オーリィ君のお姉さんほど楽しめもしないかな?結局、怖がりながら進んでますから。

■宙返り
 <トロワ>の新メニュー、オムレツ・サンド食べてみたい~。
 リツ君の類友、森田君が登場。大人は子供っぽくて、子供は大人っぽい。なんだか奇妙な世の中ですな。 

■秘密と恋人
 オーリィ君。なんだか少年のような恋焦がれ方ですね。あおいさんに翻弄されっぱなし。でもなんだか映画のフィルムに定着してしまってる。

■名なしのスープ
 おいしいスープはしばらく忘れ去っていた記憶をも思い出させるみたい。スープの湯気を感じることが出来ました。

■アンテナ
 「幸運」というのは気づかぬうちにみんなに等しく配給されていて、それをうっかり使いすぎると、バランスが崩れて日々の「幸運」の強弱にムラができてしまう。←安藤さんの考え方とほぼ同じ考えを持っている私。大それた幸運でなくとも、「幸せすぎて怖い」病が日々付きまとう。(汗)

■時計
 リツ君がお母さんの時計のネジを密かに巻いている姿は想像するだけで健気。「誰かの形見を貰い受ける」とか、お洒落で素敵ですが、本当は持ち主が元気でいてくれて、側にいてくれたら、どんなに幸運なことだろう。
 そして、7分だけ早い時間の中で生きることにしたオーリィ君…向うの世界(?)にいってしまった感じ。

■名なしのスープのつくり方
 「名なしのスープ」のレシピは、生きることと同じことだった。
 立ち止まっている私は最初の段階「期待をしないこと」の時点で躓いてしまっているんだな。


 相変わらず行間の隙間が最高に心地良い本でした。
 「3」だけがかそこそとすれ違ってゆくのはつむじ風食堂の夜 / 吉田 篤弘の隣町。それだけで、もう、ねぇ。

 「生きること」にあまり躊躇しないひとは、こういう本を読んでも、ただイライラするだけだったりするんだろうか?常に躓きつつしか「生きられない」私は、絡まった糸をゆっくり解してくれる本だと思う。たとえそれが臆病すぎる「逃亡」だったとしても。

 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

手拭いづくし―注染 大沢 美樹子, 岡本 寛治 

2006/10/12 Thu.

手拭いづくし―注染 手拭いづくし―注染
大沢 美樹子、岡本 寛治 他 (2005/11/03)
バナナブックス
この商品の詳細を見る



 眺めるだけでうはうはできる本。


 江戸の粋」を生きるデザインと染めの本です。
江戸小紋、歌舞伎役者の屋号柄、江戸の粋人たちの創作柄などから
現代の小粋なデザインまでを網羅した「手拭い大全」。
そのデザインから製法までを詳述。


 最近、また手拭い人気が高まりつつありまして、手拭い関連の書籍や手拭いを販売するお店(ネット上でも)をよく見かけるようになりました。

 手拭い関連で最近よく見かける本は、「手拭いで雑貨を作る」本が多いかと思いますが、私が興味あったのは「手拭いの作り方」の方。それでたどり着いたのがこの本であります。

 日本びいきの外国人の方の為に作られた本らしく、英語と日本語の両方の言葉で丁寧に解説されている本です。

 柄のデザインにしても、ただ同じ柄を規則正しく配置しているだけでスッキリして粋なものもあれば、わざと間隔をあけて、ポイントにしてあるものも…。ただ眺めているだけで顔がフニフニしてきます。生地も心地良い木綿で手触りもいいだろうと想像するだけで、幸福な時間なのです。


 そしてやっぱり私のお気に入りの柄は「相撲の決まり手」手拭いなのであった。

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

濡れネズミ 

2006/10/11 Wed.

 PCのマウスが馬鹿になっちゃったので、今日から新しいマウスです。

 先代マウスは光学式マウスで優等生だったんですけど、今日やってきたのはコロコロ式で退化しちゃいましたが、なかなか手触り&感覚も違和感無い子なので長い間お世話になることにします。

 

 新しく始まったNHKの連続テレビ小説「芋たこなんきん」がとてつもなく私のツボで、嵌っております。最初のうちはドタバタ過ぎてついていけなかったのですが、役者さんたちの旨さと掛け合いがとても面白い。(作家の田辺聖子さんの半生がベースになってます)
 近いうちに機会があればノヴェライズ本を読んでみたい。
 
NHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』上巻 NHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』上巻
丸山 知子、長川 千佳子 他 (2006/09)
講談社

この商品の詳細を見る

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

ミステリーツアー 

2006/10/08 Sun.

金木犀



 家のまわりには金木犀と銀木星の木がたくさんあります。
 窓を開けておくだけで、漂ってくるこの何ともいえない香り。

 せっかく天気も過ごしやすいし、連休なのに私は最悪の生理痛に襲われて、屍骸の一歩手前の状態。

 気分転換に↑の写真を撮りに外に出てみたけれど、カメラを構えただけで息切れとめまいが…。

 仕方が無いので、今日は旅行雑誌でも眺めて、せめて妄想の世界に旅立とう。

 さらば。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 大相撲つぶやき場所

安馬がこんなに大きくなりました。(昨今の大相撲関連メモ) 

2006/10/07 Sat.

優勝!

■安馬のこと

 もう5日も前の話だけど。一応記録に残しておこう。
 安馬が!安馬が!

 2日に国技館で行われた第65回全日本力士選士権大会(トーナメント戦)で優勝しました!
 映像で見たかった~。
 朝青龍にどんな内掛けで勝ったんだい?露鵬にどんな送り出しで勝ったんだい?
 もう~~~内容が知りたい!

 選士権大会の前日に、安馬は赤い羽根募金の街頭キャンペーンに参加したそうです。
 私なら迷わず安馬の募金箱に全財産投入しまっせ!

■琴欧州の改名

 琴欧州は「琴欧洲」に改名するんだって。武運が向いてくるといいよ。

■白鵬の「情熱大陸」&オロナミンCのCM

 先週?白鵬の「情熱大陸」が放送されました。
 すまんが、私は千代大海の旭鷲山に対する「お前には情熱がないじゃん」宣言しか覚えてない。

 母と「琴欧州は大関になる前からCM出演してるのに、白鵬はCM出演しないのか?」と話していたら、その瞬間に白鵬のオロナミンのCMが解禁されてビックリ!CM自体はお約束の「ツッパリ」ネタですね。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

月に来よと只さりげなく書き送る 

2006/10/06 Fri.

十五夜


 きょうは十五夜ですね。

 タイトルの俳句に関して。
 暦の行事には、意識して正岡子規の句集を開くようにしています。関連した季語が使われている句を探して、声に出して読んでみると、イメージがもっと近くなる。

 恋愛ごとに疎かった?子規も、「月」の力に導かれて、こんな俳句を作っていたのでした(*^.^*)

だんご


 「キューピー3分クッキング」でお月見団子の作り方を見たので、さっそく作ってみました。
 白玉粉と牛乳でお団子を作って、きな粉と黒ごまの2種類を作りました。
 水の変わりに牛乳だけで作っているので、まろやかで優しい味になったと思います。個人的に黒ごまの方が香ばしくて美味でした♪


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

12番目のカード ジェフリー ディーヴァー 

2006/10/05 Thu.

12番目のカード 12番目のカード
ジェフリー ディーヴァー (2006/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


 ライムの年がやってきました!
 カタルシス・ジェットコースター・ミステリ。

 ハーレムの高校に通う十六歳の少女ジェニーヴァが博物館で調べものをしている最中、一人の男に襲われそうになるが、機転をきかせて難を逃れる。現場にはレイプのための道具のほかに、タロットカードが残されていた。単純な強姦未遂事件と思い捜査を始めたライムとサックスたちだったが、その後も執拗にジェニーヴァを付け狙う犯人をまえに、何か別の動機があることに気づく。それは米国憲法成立の根底を揺るがす百四十年前の陰謀に結びつくものだった。そこにジェニーヴァの先祖である解放奴隷チャールズ・シングルトンが関与していたのだ…。“百四十年もの”の証拠物件を最先端の科学捜査技術を駆使して解明することができるのか?ライムの頭脳が時空を超える。シリーズ6冊目。

 読み終わってしまった。今年もライムシリーズを読めるだけで嬉しいし、本の分厚さを見てワクワクするのはディーヴァーぐらいのもんです。滅多なことが無い限り、損はさせない著者なんである。
 事件解決の進行上の感想は…ちょっと脱線させすぎかな?と思われる箇所がありましたが、さすがディーヴァー。読者の心理を完璧に見透かしてますね。読者が「どういう路線の事件であって欲しいのか」ちゃんと解ってくれてる。
 そして、今作ではライムの体に重大な変化が!?  ライムファンにとっては「驚きの」「歓喜の」「そのままで良かったのに」と、様々な声が漏れそうなライムの体の変化も用意されています。

 ディーヴァー作品を読むと「走ってさえいれば逃げ切れる」や「小さな勝利の積み重ね」という格言めいた言葉がすごく頭に残る。
 「読み出したら止まらない」=ジェットコースター・ミステリと形容される作品の疾走感は、読後「前向きになれる」火をいつの間にか引火させてくれるから止められないんだよな。

 ライムよ。サックスに尻に敷かれつつないか?


■リンカーン・ライムシリーズ■
ボーン・コレクター
ボーン・コレクター
ジェフリー ディーヴァー
コフィン・ダンサー
コフィン・ダンサー
ジェフリー ディーヴァー
エンプティー・チェア
エンプティー・チェア
ジェフリー ディーヴァー
石の猿
石の猿
ジェフリー・ディーヴァー
魔術師 (イリュージョニスト)
魔術師 (イリュージョニスト)
ジェフリー・ディーヴァー

■来年もライム年です■
The Cold Moon: A Lincoln Rhyme Novel (Lincoln Rhyme Novels (Hardcover))
The Cold Moon: A Lincoln Rhyme Novel (Lincoln Rhyme Novels (Hardcover))
Jeffery Deaver (2006/05/30)
Simon & Schuster
来年には読めるかな?

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2006-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。