流星シラップソーダ 

 ラクに生きたいよまったく。気になる記事があればコメント気軽にどーぞー

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 雑記帖

フランス生まれの京都育ち 

2005/10/31 Mon.

 どうでもいいけど。よくないけど。


 寒いんじゃ ぼけぇ~~~~!


  なんですか?このイキナリの寒さは。

 今、パーカー以外の防寒具?全部実家よ!
 内閣構造改革も無難な線で収まったし。どこがサプライズ人事じゃ!

 こっちは寒さにサプライズだっての。


 明日はとうとう、『心霊探偵八雲4 守るべき想い』神永学 文藝社の発売日☆

 楽しみにしていたものがついに!

 張り切りついでに、明日は早朝、朝歩きできるといいな。


 明日に幸あれ!
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

食い逃げ(朝の舞) 

2005/10/31 Mon.

 おはようございます。

 恒例になりつつある、朝のブログ更新です。

 もう、暗黙の了解かもしれませぬが、寝ておりませぬ。

 昨夜は12時ごろちゃんと寝床に入ったのでゴザイマスが(ちゃんと眠気もございました)夢の世界へと片足を突っ込んだ瞬間、やらなければならない「ノルマ」を恐ろしく意識してしまったのでありました。

 その瞬間、ナゼか体を起こし、部屋の明かりを点けたのであります。

 今日は1時限から授業があるのにもかかわらず、眠らず。


 「ノルマ」を忘れたいがために。


 先日、密かに購入しておいた、出版されたばかりの『しをんのしおり』 三浦しをん著 新潮文庫 を手に取り、なんと、読破してしまったのでありんす。(泣)


 読了後、忌まわしい後悔と後ろめたさに襲われながらも、5時ごろ、プラスチックとビンのゴミの日ということを思い出し、溜めに溜めていたC1000タケダのビンを葬りに行ったのでありました。


 嗚呼、「ノルマ」も葬り去りたい。


 洗濯機の轟音と共に。。。


 

 朝の挨拶に代えて。
目の保養


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

キャラメル泥棒 

2005/10/30 Sun.

 ん?今日は何してたんだっけ?

 早起きして、仮面ライダー響とか、交響詩篇エウレカセブンとかをウトウトしながら観ていたら、いつの間にか眠ってた。


 記憶に残っていることは、ヘッドホンでエリック・クラプトンのベストを聴いたこと。

 この人のギターの音は、なんだか洗濯された音がする。爽やかだけど、いい具合に色落ちもしてる。

 いとしのレイラが特に好きで、一緒に♪レイラ~♪ってトコだけすがるように歌うのさ。
 あと、チェンジ・ザ・ワールド。コレはいろんな人が歌ってるけど、やっぱり最後にはクラプトンとbabyfaceのところに戻ってきてしまう。

クラプトンのジャケ写真を眺めてると、クラプトンの眩しげにシワを寄せる目元に、なんだか秋だな。と感じずにはいられなかった。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

月と菓子パン 石田千   

2005/10/30 Sun.

月と菓子パン 月と菓子パン
石田 千 (2004/04/24)
晶文社
この商品の詳細を見る

 東京の下町に暮らす著者の観察眼の真骨頂エッセイ。

 下町って、本当に存在するんですね。最近流行のレトロ調な暮らしは、今の日常にはないから。最近の若い人の間でも人気だけど、そういう一時の癒しでなく、本当にこんな生活を地でおくっている人がいるんだと思うと、なんだか嬉しくなってくる。


 銭湯、豆腐や、おばあさんの餅つき、古着屋、やもめの居酒屋、町内全体で世話をしている猫たち・・・


 男性の文章と思っていたが、著者は女性のかたらしい。
 ほろ酔い気分で歩き、猫にちくわをお裾分けに行く途中で、ふと近所の庭先に咲いている花や木の、風に揺れて届く香り。そんな小さなものごとに目をやる著者の気質が、町の雰囲気、暮らしを営む人々と調和して、すごく暖かくなる。

 夢物語のような、ランプの明かりで照らしたように暖かく。


 暖かいぶんだけ、なんだかとんでもないものを忘れてセセコマシイ生活をおくってしまってるんだ。ほろりとなる。

 それにしても、よくこんな文章を産み出せるよなぁ。
 お茶でも飲みながら、ちびちびと読みたい。

 これぞ、エッセイ。

edit

CM: 2
TB: 1

page top

Category: 雑記帖

イタズラなKissニュース 

2005/10/28 Fri.

台湾バン



 げほげほ。
 昨日久々にネット界を浮遊していたら、とんでもないものを発見してしまった!!!

 はたして、コレはイタキスファンには喜ばしいことなのか?私の中では判断しかねるが。。。。


 なんと、『イタズラなKiss』が台湾でドラマ化されたらしいのですよ。
 詳細は不明(調べる気もあまりない)ですが、↑の画像はそのドラマのサウンドトラックのジャケット画像。=琴子と入江くんらしい。


 イタキスファンの皆様いかが?

 おそらく、最近台湾では日本の漫画をドラマ化すると、必ずHITするっていう風が吹いてるらしい。

 前例で言うなら、去年私が密かに嵌っていたドラマ、『花より男子』を台湾がドラマ化した、『流星花園』(日本でも人気に火が付き、今期、日本でもドラマ化されたよね)

 まあ、そういうわけで、とにかくドラマ化ですが。このままだと、日本では陽の目を見そうにないですね。

edit

CM: 0
TB: 1

page top

Category: 雑記帖

こっちは夜だ 

2005/10/28 Fri.


 一週間ばかり、寝たきりの生活をしておった。

 おかげで、足腰立たなくなっておりましたが、(言葉使いもなにやらお年を召した?)
 先日やっと復活の鐘が鳴り響く。


 世間ではとうとう来年のカレンダーも見かけるようになって、私も高校時代のなじみの顔と年末?頃にでも同窓会をやろうというお触れがちらほら。

 毎年恒例の冬休みの短気バイトは先日なんとか断りを入れ、密かに、年末は実家にて切り絵をしようと思っている。


 明日は、図書館に本を返却しなければならないのだが、あと2冊、読み終わっていない(1番読みたかったものが)ので、これからまた、本の世界に入ります。


 ※コメント返し等は数日後、必ず!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

もうおうちへかえりましょう 穂村弘 

2005/10/28 Fri.

もうおうちへかえりましょう もうおうちへかえりましょう
穂村 弘 (2004/05)
小学館
この商品の詳細を見る

 歌人にしてサラリーマン、穂村 弘さんの二冊目のエッセイ集。
 著者には失礼極まりないが、1ページ目の文を読んだ瞬間から、「ああ、この人自分と似てる」と感じた。

 そりゃ、エッセイは著者の日常及び、日常から感じ、考察しているところから、著者の奇妙な性格にくすっと笑ったり、人間誰しも少なからずはある、共通点をキッカケにリンクさせ、いつの間にか著者の世界に引っ張り込まれてゆくのが最大の武器なのだから、当然といえばソレまでなのだが・・・。

 ものを書く人はどこか醒めていて、だからこそ、より巧妙な観察眼を手に、考えることが出来るのだと思う。

 だけど、もの書きという才能とは、別格の、もっと血なまぐさい部分での冷たさがあるんじゃないかと。その冷たさが自分と似ているな・・・と。

 あと、共通点がもう一つ。すごく驚いたのだが。
 ホムラさんは、ジュースやコーヒーを飲むとき、カップやグラスの底に1センチほど残すクセがあるらしい。

 実は、私もそうなのだ!

 こんなクセ持ってる人他にいないと思ってたが、いた!!!


 さっきも述べたように、著者の日常・・・を書くのがエッセイだと書いたけど、ホムラ氏のエッセイは、時々読んでいると、現実なのか、ホムラ氏の妄想なのか?オーバーラップして不思議な世界が見えてくる。

 その他、ユーミンの歌から恋愛感が見えてきたり、名前から時代が見えてきたり、なかなか勉強になった。

edit

CM: 0
TB: 1

page top

Category: 読書の波

はじめて読む「日本の神話」 高森明勅 

2005/10/28 Fri.

神話
はじめて読む「日本の神話」 高森明勅 展転社

 どうして今更「神話」か?と、申しますと、やっぱり民俗学つながり・・・ってことで。

 読む・・・じゃなくて、この本は「意味を読み取る」の方だったらしい。今までの民俗学の定説に著者の細かな考察が加わっている、大学の語学の授業みたいな本。

 だから、自分の手で、自力で『古事記』と『日本書紀』を読みたいという方には向かないかな?『古事記』と『日本書紀』でも、少しずつ神様の名前や、内容が違うので、その違いを比較しながら書かれていて、私は少しこんがらがった(汗)
 
 日本の神話の最大の魅力は、神話から歴史へと途切れなく繋がっているところだと思う。
 たとえば、神話で活躍する神様をまつる神社も、モチロン、皇室の先祖、天照大神も。

 読んで驚いたことは、神話に登場する神様は初めから完璧じゃないところが、心憎い。神様も未熟で、その成長物語が神話の成り立ちだったんだ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

not passed 

2005/10/28 Fri.

 購入予定?目録

◆CD
 『Nothing Is Sound』 スウィッチフットアメリカサイトへ)←コッチのが日本サイトより過去のPVも視聴可
 『Daniel Powter』 ダニエル・ポウター
 『Unplugged』 アリシア・キース
 『TRAY! JOHN MAYER TRIO LIVE IN CONCERT』 ジョン・メイヤートリオ
 『POSSIBILITIES』 ハービー・ハンコック&ゲスト

◆本
 『しをんのしおり』三浦しをん 新潮社文庫
 『心霊探偵八雲4 守るべき想い』神永学 文藝社
 『Twisted』ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋
 『病状六尺』正岡子規 岩波文庫

 (立ち読み宣言)
 『生協の白石さん』白石 昌則, 東京農工大学の学生の皆さん 講談社

 その他、漫画多数?


 楽しみは耐えませんが、なんせ、今、禁欲ちゅうだったり。
 それに、音楽なんて最近、聴いてないよ。。。

edit

CM: 0
TB: 2

page top

Category: 雑記帖

チョコレート効果 

2005/10/23 Sun.

 今日も、薬を飲んで寝てました。

 はい。いつもの。生理痛ですわ。

 正直、この痛みって、いまのわたしにとって何の意味もない。

 いますぐ、生理を止めてくれるというのなら、喜んで手術台に上がると思う。

 こどもを作る機関をすべてかき出してもらえるなら。

 
 今のままの状態だと、仕事になんて就けない。

 来年はこの生理痛をどうにかする為に、もしかすると病院に行くかも。

 



 明日は大学。民俗学の授業がある。




 昨日、はじめてTVで「野ブタ。をプロデュース」みたけど、なかなかいいと思った。

 今迄、原作本の帯の、野ぶたをプロデュースする。の文字に、本当の動物のブタを人気者にする話かと思っていまして、ぜんぜん楽しくなさげ。とおもってタ。

 原作読みたくなった。

edit

CM: 0
TB: 1

page top

Category: 雑記帖

けんか堂 

2005/10/22 Sat.

1


2




 ども。今、薬で寝続けていたので、頭が朦朧と。




 他の人が思っていることに、どうしても自分が納得できないと、自分がおかしいのか、回りがおかしいのか、まったく解らなくなる。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

訳あって 

2005/10/20 Thu.



 力が出ない・・・。




 「日本むかしばなし」を見過ごしてしまったから。



 だめ。もうだめ。

 ヒザが諤諤。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

朝を歩く 

2005/10/19 Wed.

夜を歩く


 今日の朝(4:30ごろ)は、ウチを出て、恒例の夜歩きならぬ、朝歩きをした。

 真っ暗もいいけど、だんだん明るくなってくる所をみたかった。

 そして、早朝にはどんな人が活動?しているのか。知ってみたかった。

 まず部屋をでて、公園の前を通り過ぎる。公園の入り口には、公民館?てきな、町内のひとが集まる施設がある。なぜかその建物に、明かりがついていて、中からおばさんたちが数人出てきた。入り口には「早朝会」という、張り紙がしてあった。・・・いったいなんの集まりなんだ???

 真っ暗なのにもかかわらず、数台のスクーターのエンジン音が聞こえる。私の背後からも1台。すぐ追い抜いていったが、すぐそこで止まり、降りては、また少し進み止まるの繰り返し。

 どうやら、新聞配達のひとらしい。「ごくろうさまです」と言いたくなった。

 しばらくすると、私はまた、誰かに追い越された。今回は、人だった。走っている人。走っているおじいさんに。

 きっと、毎朝の日課として、人知れず走られているのだろう。長い坂道になっている通りを、すいすいと走っていく。


 おじいさんに負けて溜まるか。とおもい、私も真似して走ってみる。30秒もしないうちにへばる。


 ちょっとずつ、空が灰色になってくる。

 楕円形に見える月と、案外明るく目立つ星ボシ。

 悲鳴のような、鶏の鳴き声も入り混じり、みんなが朝を知らせてくれていた。


 そろそろユーターンして帰ろうかと思った頃、再び、例のマラソンのおじいさんに追い抜かれる。

 しかも、今回は「おはようございます」という声を、私にかけてくれた。

 私も急いで「おはようございます」を言った。




明るくなってくる

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

杏♡仁 

2005/10/18 Tue.

 あ♡ん♡に♡ん


 グフっ。杏仁って、響きがエロいね。これぞ甘美な響きってやつですな。

 

 なれないハートマークで胸焼けが。


  昨日、最近流行の寒天を食ってみようってことになって、寒天つながりの杏仁豆腐に手を出してみた。

 私、恥ずかしながら、寒天というものの正体を全く知らなかったのでございまする。

 スーパーの店員さんに聞くのもいやなんで、店中を歩き回り、とうとう、手作りお菓子コーナーにとうとう!粉末寒天というものを発見。でも、寒天を買ったからといって、すぐ食せる雰囲気はなく、隣の商品の、「HEICHINROU 杏仁豆腐 杏雲」という、熱湯と牛乳さえあれば出来るという、杏仁豆腐のもとと、さっきの粉末寒天も買ってみた。

 つうか、だったらプリンコーナーに出来上がった杏仁豆腐買えばいいのだが、カロリー表示を見てげんなり。

 もともとの寒天のカロリーは0キロカロリーなのに。
 そうさ!自分で甘みを調節するべきであると確信したのでありました。


 で、ためしに、「HEICHINROU 杏仁豆腐 杏雲」を作ってみる。

 私はとろんぷるんが好きなんで、牛乳を多めに。大ボール一杯に、たっぷり5人前。

 冷蔵庫に2時間入れて、途中、気になって、冷蔵庫の中に頭を突っ込み、杏仁が固まるのをじぃ~~~っとみつめる。

 あぁ至福。

 シロップ付だが、シロップなしで十分甘いと思い、杏仁だけで食べる。

 独特の香りが広がる。


 もう、コレは止まりません。


 きっと中毒になる。そんな気配が、香りと共にひろがった。


 旨すぎて、再び杏仁のもとが入っていた箱を眺める。


 すると、箱の中から、「杏 仁」と、清潔に書かれた、一枚の冊子が出てきた。

 どうやら、杏仁豆腐の歴史が書かれているようだ。

 『杏仁   バラ科アンズの種子。 杏仁は、果肉を利用する目的で栽培された普通のアンズからはあまり採れず、特に種子を漢方薬としてつかう仁用杏を用いる。』と、書かれている。

 ふ~ん。なかなか奥が深いね・・・。


 そして、文末には・・・『味は薬というだけあって、大変苦味が買っているため、適量異常に摂取すると中毒することもあるので、杏仁をデザートに使用する場合は、薬効は薄いが、よりマイルドで甘味のある果肉用の杏の種子をブレンドして使用・・・・・』




 !!!!っ『中毒』の単語にドキッとする。

 ブレンドして薄めてても、中毒になっちゃうよ!


 なんだか、罠に嵌った気分。





 次ぎは杏仁のもとを使わず、自分で一から作ってやるぜ!
 待ってろよ!あんにん!




edit

CM: 0
TB: 1

page top

Category: 雑記帖

もう、文句しか言えないザルそば 

2005/10/17 Mon.


 最近短気になってんのかな?

 昨日の続きで、カウンターのことだけど、管理者からメールがとどいてた。

 いきなりタイトルが「カウンター画像がおかしい為消去しました」だし!


 おいおいおい!対応が亀より遅いくせに、それかい。

 おそらく、私が、クロ背景用の、白いパーツ(白い背景上では見えない)をアップロードしたセイだと思われる。

 でも、そこら辺くらいの事情は解りやがれ!と言ってやりたい。

 きっとペーペーのバイトがちまちまやってんだろうな。。。と、人様の雇用環境まで妄想してしまう始末。


 ええ。ええ。とっとと有名なシステム屋さんに乗り換えさせていただきましたよ!ふんっ



 あぁ。平常心で在りたひ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

♣すりきれるまで♣ 

2005/10/16 Sun.

 あ~ったく。。。もう!

 今、HPのカウンタがずっと気に食わなかったから、他のCGIに変えようと作業中なんだが。。。。
 オリジナルのカウンタ素材を表示させるには、

 いちいち管理者からの許可メールを待たなきゃならんらしい。

 たく。効率が悪すぎる。。。使う前から腹立ててどうすんの?

 落ち着け。自分。





♣♣♣♣♣





がんばっていきまっしょい文庫版表紙
イラスト 茂本ヒデキチ




イベントでの生描き
イラスト 茂本ヒデキチ
※クリックすると大きく表示。




 気を散らす為に、ずっと気になっていたのだけれど・・・という話を。

 ↑の絵の話なんだけど。
 一つは小説、敷村良子著の、「がんばっていきまっしょい」の文庫の表紙。

 もう一つは、某イベントでアーティストさんが生描きしたもの。



 この筆使い。肉体美///!どうよ!



 アーテイストさんの名前は茂本ヒデキチさんて方なんだそうです。


 これは私の感ですが。

 いま、TVで中居正宏さんが出演している、競馬(JRA)天皇賞のCM。で、SMAP中居氏の背景でアニメーションの馬が走ってるんですけど。。。茂本さんのイラストだったらいいな。。。と思ってる。

 ちがうかな????


!!!!!


 訂正!


 私がタダ、お名前を間違えていたみたいです。やっぱりネット情報って信用ならねぇ。

 検索したら、ちゃんとご本人のサイト発見!

 作品集も来年ハヤカワから出るらしい。

 CMも茂本さんの作品だった!
 さっそくHPのほうにリンクさせてもらお。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

読書メモ 

2005/10/15 Sat.

 ●図書館から借りてきた本

  『月と菓子パン』 石田千 晶文社(エッセイ)
  『もうおうちへかえりましょう』 穂村弘 小学館(エッセイ)
  『古本道場』 角田光代、岡崎武志 ポプラ社(指南本)
  『古道具 中野商店』 川上弘美 新潮社(小説)
  『日本の神話』 古田敦彦 青土社(神話関連)
  『はじめて読む「日本の神話」』 高森明勅 展転社(神話関連)

 ●購入本

  『凶笑面』蓮丈那智フィールドファイルⅠ 北森鴻 新潮文庫
  『文楽にアクセス』劇場に行こうシリーズ 松平盟子 淡交社
  『四天王』神仏のかたちシリーズ 少年社編 GAKKEN

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

まだ おうちには かえれない 

2005/10/15 Sat.

 いつも 感じていることだが、ここに意味があるのか、見てくれている人がいるのか、凄く不安な時がある。

 まあ、こんなこと言っても仕方がないか。

 いいよ。わたしはわたしだけの山を、つらつらと登っていこう。

 最近、やってみたいことは、文楽を見に行くことと、京都のお寺にある、四天王像を見に行ってみたいんだけど。なかなか踏ん切りがつかない。

 今、チケットを買ったり、先のことの予定を立てることに、すごく臆病になっている。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

セルフィッシュ ジーン 

2005/10/15 Sat.


 なぜか、我が家に



ティム・バートン監督とデヴィッド・フィンチャー監督がやってきて、


 接待をし、ブーツまで切ってしまう。








 という夢を観た。




 これから図書館に行く。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

恋するスターダスト 新井千裕 

2005/10/14 Fri.

恋するスターダスト 恋するスターダスト
新井 千裕 (2005/03)
講談社
この商品の詳細を見る


「きっともう一生読めないのだろうと諦めていたので
      書店で発見した時には我と我が目を疑った」。という某読書サイトさんの記述を観て、著者、新井さんのことをネットで検索したのが読むキッカケだった。

 検索の結果、この本が8年ぶりの新作。幻の作家と歌われていたらしい。

 タイトルだけ観ると、メロメロなラヴロマンスを想像するが、はっきり言って、油断して読んでると、いつの間にか遠い宇宙に放り投げられてしまうかもしれない。
 
 なんせ、「逆上がり教」なんていう怪しい宗教や、オカマの村長、きのこ鍋を作る猿が登場する奇抜な発想。
 
 私が普段依存しまくってる「甘え」に、ちゃんとスポットが当てられていて、なおかつ、ずばずばと痛いところを付いてくれる。なんだか、今迄、私が誰かに言って欲しかったことがたくさんこの本には詰まってる。

 元コピーライターってこともあって、巧みな比喩表現にはたくさんの笑いの効果が含まれていた。そして絶妙なタイミングに、著者の度量を感じずにはいられない。

 あっという間に終わってしまったが、きっと読み返したくなる。

edit

CM: 0
TB: 1

page top

Category: 雑記帖

美味でございます~ 

2005/10/13 Thu.


 いや、いや、大奥(ドラマ)始まりましたな。

 「最高傑作の呼び声高し」とのことですが。
 大奥って、男性キャストがローテーション化しすぎてるんだよね。

 もうちょい新鮮なズラ姿がみたいもんだわ。


 そうそう、今日は大学に久々に出向いたが、とうとう、卒業制作展の話がちらほら。

 なんか、ウチの大学は、学生の自腹で卒展を開かせるらしい。

 場所代も、展示も、スケジュールも。

 なんか、ひとり1万出させるとかいう話を聞いた。

 1万。痛ェ~~~~。

 あぁ。あぁ。もう勝手にやってくれ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

みんなのラヂオ♪ 

2005/10/12 Wed.

 私がこれから聴く予定のWEB上で聴くFM(主にイギリスの)メモ

10月12日(水) Wave 105 (http://www.wave105.com/) 午後10時半から
10月13日(木) BRMB (http://www.brmb.co.uk/) 午前3時から6時の間
10月16日(日) Heart FM (http://www.heartfm.co.uk/) 午後5時から8時の間
10月16日(日) Signal One (http://www.signal1.co.uk/) 午後9時から12時の間
 ※時間は日本日時
 全てリンク先に飛んで、「LISTEN」の目立つボタンを押せばタダで聴けます。

 忘れそうなのでメモる。

 洋楽好きの方は楽しめると思うよ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

メタファー 

2005/10/12 Wed.

 今、所さんの『笑ってコラえて』の、高校生ブラスバンド、全国大会を見ながら更新中。

 歳のセイか?泣いてしまうわ!みんないい顔してる。

 今日ズット、FM聴きながら、部屋の掃除をしていた。本が、CDが、多すぎて、どうやっても収まってくれない。

 明日は、がっこに行こうと思ってる。履修届けを出しに行かねばならん。

 あと、夜中に観ていた「24」を観るのを今日から止める。

 面白いが、今の私には、何も与えてくれないことに気づいたから、いや、気づいていたからだ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 非日常

どうにかしてよ 

2005/10/11 Tue.

あみあみ
ミーラ・プレスロヴァー
《梱包されて》

 昨日は、結局、両方の美術館にいってきた。
 我ながら、苦手な地下鉄を乗りこなし、頑張ったと思う。

 面白かったのはやっぱり国際美術館の「転換期の作法」でした。

 やっぱり「転換期」だけに、なにも、明るい未来が見えているばかりじゃない、ある意味、行き詰まりとも言っていいような現状から、また立ち上がる。なんだか逞しい展覧会だと思った。
 中には、人間を皮肉ったような、スポーツマシンや、「幸せかい?」「生きている意味って?」「お金は必要?」などなど、子供型ロボットが問いかけてくる作品もあり。
 雑多で楽しかった。
 
 そして、国際美術館の味はやっぱり所蔵展が楽しいところ。現代アートって、肩の力を抜かして見れる、勝手に、物語を作れる。ほんとに笑顔になれるものだね。
 余談だけど、この日は偶然にも、FM802の公開生放送も美術館でやっていた。美しい生演も観ながら聴けた。


 天王寺の市立美術館「ミラノ展」は正直、観る体勢ではなかったですね。人が多すぎて。(私が悪い)
 ホトンド、展示物の前を素通りしてしまった。
 ダ・ヴィンチンの絵になんて近づけません!
 それでも、気に入ったのはセガンティーニの馬の絵!いきいきしてて、絵から飛び出してきそうだった。
 それにしても、思ったんだけど、どうしてダ・ヴィンチの前では長い間立ち止まって、顔を近づけて凝視するのに、他の展示物の前ではそうでもない?人が多いんだろう????

 そんで、こちらのほうも、意外に楽しかったのが、所蔵展。
 各部屋ごとに、アジアの仏像、花鳥画、磁器、書など、テーマ別に展示されてて、特に仏像が!四天王像が!!!!すっ極手が綺麗で、威厳があって、風があって、惚れてしまった!花鳥画のコーナーには、やっぱり伊藤若冲の群鶏図があって、ウハウハだった。

 早速帰りに書店にて、全国つつウラウラの四天王像の美麗写真を集めた、写真集を入手した。 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

あべっ! 

2005/10/10 Mon.


 やべ~

 今日、体育の日でガッコ休みなの忘れて、準備してるときに手帳見て、初めて知った!


 早起きしたのに(「24」観ててほとんど寝てないが)もったいねぇので、これから美術館に行ってきます。
 文楽は今やってないし。

 候補は

 国立国際美術館の『転換期の作法』中東欧(ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー)の現代美術


 or

 大阪市立美術館の『ミラノ展』のどっちか。
 
 興味があるのは国際美術館。でもミラノ展でダ・ヴィンチの『レダの頭部』も観たい!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

空中散歩 

2005/10/09 Sun.

体が浮くよ


 私がずっと待っていた声。

 体が浮くような美しさ。

 こんな声。聴いたことある?→聴いてみる?


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

きっとね きみの一番の魅力はその心と魂なんだ 

2005/10/08 Sat.

 もう曜日さえ定かではない今日この頃。

 昼の3時に12時間にわたる睡眠の末、起床。

 大好きな、四捨五入して10年のファン暦を誇る、某アーティストのライブ音源CDを聴きながら、歌い踊る。

 感動し、涙の末、読書。

 ブログ(ココ)に感想を書き、りんごを丸かじりする。

 書いた感想を読み返してみて、自分が今、どんなことを主に感じているか、読み取る。そして、自分がどれくらいバランスをとることがヘタな人間か思い知る。


 あともうすこし。後もう少ししたら、始動しなければ。

 このままでは、終えられるはずがなし。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

むかしのはなし 三浦しをん 

2005/10/08 Sat.

むかしのはなし むかしのはなし
三浦 しをん (2005/02/25)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


■目次■
ラブレス
ロケットの思い出
ディスタンス
入江は緑
たどりつくまで

懐かしき川べりの町の物語らせよ
あとがき


 最初の2話を読むのにどうしようもない時間がかかってしまった。
私の調子のセイかも知れなかったが、とにかく落ち着かず、ページを行たり来たりしてしまった。
 主人公の独白的な文体からプンプン臭ってくる「孤独」が鼻についたのかもしれない。

 日を改めて、やっぱり調子のセイだったのか?慣れのセイか?3話目からは面白くてページが進む。
『入江は緑』から、他のストーリーとの関連性がじわりじわり明らかになり始め、一気に読んでしまう。

 しかし、どうしても拭い切れない「孤独」がナイフみたいに鋭かったなぁ。別に後味のよさなんて求めちゃいないが、しをんさんの作品の中では「鋭さ」随一なんじゃないかな。

 「しをんさん。こんなに私に孤独を味あわせて、どうする気?」と思ったが、『あとがき』を読んで納得した。



 あぁ、そうか。ひとは孤独だから、言葉が、音楽が存在するんだと。

edit

CM: 2
TB: 7

page top

Category: 読書の波

大奥 よしながふみ 

2005/10/07 Fri.

大奥 1 (1) 大奥 1 (1)
よしなが ふみ (2005/09/29)
白泉社
この商品の詳細を見る


 いま、人気が最高潮?の漫画家。よしながふみさんの新刊がでた。
 ここまでのものを描かれるとひれ伏したくなる。

 しかも、題材が『大奥』だよ!それだけで私にとってはヨダレ垂れ流しモノなんだけど。ドラマでもまた『大奥』始まるけど、私はたぶん。よしながふみの大奥派だ。

 なんたって、タダの大奥じゃない。

 男女逆転大奥!・・・つまり、女の将軍が美麗な男たちを囲うのである!ぐはっ逆ハーレム全快★
 男より男前な上様・・・う~ん。こんな人になら囲まれても良いですな。 なんか、男と女の質の違いがはっきりと解る気がする。


 最後は水野。本当に善かったね(ホロリ)

edit

CM: 11
TB: 6

page top

Category: 雑記帖

反復横跳び24時 

2005/10/06 Thu.

綿アメみたいだったのよ


 久々に正規のPCからの更新。

 ↑は今日の空なんだけど、だめだ。旨く写らぬ。
 明るいところに、切った爪みたいに細い月と、金星?が光ってた。

 ちょっとだけ冷たい風に吹かれて、金木犀の花香りが漂ってくる。 

 秋だからか?すんげ、寂しい。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2005-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。