流星シラップソーダ 

 ラクに生きたいよまったく。気になる記事があればコメント気軽にどーぞー

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 雑記帖

琴欧州 

2005/09/25 Sun.


 にゃーーーー(猫ひろし風)


 姿を消していて申し訳ありません。


 そのくせ、HP誕生日すぎちゃって、結局挨拶のみの更新。


 ああ。情けね。

 
 更新さぼっていた間何してたカッテェと・・・。

 庭にある大きな松の剪定をしてたり、大相撲に夢中になっておりました。(今日が千秋楽だったけど)


 そして、そして、突然ですが、明日から北海道の方に3日ほど行ってくる予定です。

 私にとっても突然のことだし、「楽しみで行く」というより、付き添いで行くので、自由はなさげ。我慢大会のようなものだと思います。


 では、また報告できるとよいです。

 おやすみんしゃい。
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

月魚 三浦 しをん 

2005/09/19 Mon.

月魚 月魚
三浦 しをん (2004/05)
角川書店
この商品の詳細を見る

読む前から、しをんさん作品の中で一番好きになる予感があった。
 そして、予感は確信に。

 この束縛感。この間合い。この罪。この温度。この感情。

 この本を誰がいつ、どの時間帯に読んだとしても、持つイメージは「月」に共通するんじゃないかと思う。
 そして、私がいつも気になっている「時間」の「永遠」についても共通する古書の世界。そんな、是か非も判断の付けられない世界に閉じ込められた感情を、じんわりと私の中に沁み込ませてくれました。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

あ おけ屋が儲かる 

2005/09/16 Fri.

 すべてがもうどうでもいい。と、感じてしまうと、私はまず、服装から崩れてくる派の人間です。


 さっき犬の散歩のため、外に出ていましたが、ポロシャツを平気で裏表逆に着て外を歩っていました。(もちろん人とすれ違う)

 今日は庭の木に生息する、毛虫たちを割り箸で無心に葉っぱから無理矢理引きはがす作業をしていました。

 よく見ると毛虫は金色?黄緑色?のたてがみを背中にはやしていて、なかなかのオシャレさんでした。

 とった毛虫を割り箸で、犬に無理矢理おしつけたり、鼻先にのせたりしてやりました。うちの犬は虐めがいがあるからカワイイ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

ロマンス小説の七日間 三浦 しをん  

2005/09/13 Tue.

ロマンス小説の七日間 ロマンス小説の七日間
三浦 しをん (2003/11)
角川書店
この商品の詳細を見る

ハーレクイン小説?と現実が奇妙に混ざり合ってゆく?
 やっぱり、しをんさんのかもし出すテンポは何か妙っ!読んでる時は全然気づかなかったんだけど、後で冷静に成って考えてみると、最後のクライマックスへ向かう急降下(ストーカーを捕まえるとこ)あたりのスピード感?体感速度が超スローに感じる。ん~奇妙だ。

 (私の中で、今のところ、しをんさんの本は『奇妙で絶妙!』って位置に存在してます)

 複線の貼り方が尋常じゃなく美味いんじゃないかと(2つの世界のリンクのさせ方も)・・・。カナリ頭善いんだよなぁ。読者が気づくか、気づかないか・・・っていうより、バランスの取り方が美味いんだと思う。

 こういう話の終わり方って大好きだ。エンドに持ってくんじゃなくて、とりあえずの状態。うんうん。こういう終わり方にするのが一番難しそう。

 本編もすごいですが、後書きは一読の価値あり。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

秘密。―私と私のあいだの十二話 ダヴィンチ編集部 

2005/09/13 Tue.

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
ダヴィンチ編集部 (2005/03)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


こちらは、吉田修一、森絵都、佐藤正午、有栖川有栖、小川洋子、篠田節子、唯川恵、堀江敏幸、北村薫、伊坂幸太郎、三浦しをん、阿部和重。超豪華、作家さんたちが、小説をA面とB面に、ひとつの物語を2つの視点で描く、オムニバス短編集です。

 2つの視点に書き分けることで、全く違った感情が現れてきます。
 あっという間にさくさく読んでしまう。

 私が「おぉっ!」と、思ったのは吉田修一さんの「ご不在票」ですね。(ちょい気まずいけれど)
 あと堀江敏幸さんの「黒電話」がすごく頭に残る話だった。
 黒電話・・・私も小学校6年生くらいの頃、親戚のうちで始めてみて、電話のかけかたが分からなかったのを覚えています。あの、ダイヤルを廻す感覚がなんともいえなかったし、チンっていう最初の小さな音に毎回ドキドキしていたのを思い出しました。

 本のタイトルが『秘密』なだけに、もうすこし毒があってもよかったかと思う。
 全体的に癒し系が多いです。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

どんぶり勘定 

2005/09/12 Mon.


「母と娘の会話」


 母:ぐ~ギュルルル(腹時計)

 娘:「・・・・(無言)」

 母:「飢えているのだよ」

 娘:「・・・飢えているのか・・・」



□□□□□


 どうも。どんぶり勘定一家の次女。まろでございます。

 昨日は、私にとって、初の選挙投票のひでした。
 家でうだうだしていましたら、母が「投票に行ったらワイン買ってあげる」というので、その言葉に載せられての投票デビューでした。


 今日は夕方からpcスクールの予定だけど、さっき新聞のテレビ欄をみて驚愕しています。

 世界柔道(国別団体戦)・・・今日は放送が7時からなのに、pcスクールで見れない。うあ~。ちょっとやる気なくす。

 なにか解決策はないかな?どうしても柔道みたいのですが。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

愛しの銀りんごちゃん 

2005/09/10 Sat.

 どうも。こんばんはです。

 今日は、最近我が家にやってきた、銀色のりんごちゃん(マッキントッシュ)からの更新を試みております♪

 私は、今まで、アンチ・マック派でして、無駄な抵抗をしておりましたが・・・。

 時代の波には逆らえませんな。

 慣れてみるとなかなかりんごちゃんもよろしいおす。


□□□□□

 今日の、更新させていただいている写真は、今日の午後、尾道にある、映画『男たちの大和』(今年の12月ロードショー)の撮影で実際に使用された、ロケセットです。

 めちゃめちゃ巨大でした。
 実際、「世界最大の戦艦」大和(全長263メートル)の約半分の長さ、190メートルのセットでした。

 ベニア板をいかに本物の鋼鉄の戦艦に見せるか?という美術セットの巧みなテクニックがよくわかりました。

大和3

大和2

大和1

大和4

※写真をクリックすると大きく表示されます。

 セットの他に、衣装や小道具、メイキング映像も展示&上映してくれて、なかなか面白かったです。


 セットを見に来ていた、他の観光客のおじいさん数人も、(おそらく実際に戦争を経験されたのでしょう)大和のセットによって戦時中の記憶が蘇ってくるのでしょうか?対空砲や機関銃について熱心に語られている方も中にはおられました。


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

REMEDY 

2005/09/09 Fri.

夜は柔道、世界柔道に夢中。昼はテニス、USオープンに夢中。

 昨日の世界柔道、特に男子、100キロ超級の棟田選手を応援してました。

 残念ながら銀メダルだったけど、彼の魅力は170センチの小柄な体格で外国人の(まるで猛獣の熊)選手をばったばったと投げ倒していくところだけではないのだよ。


そう、彼の一番の魅力は、「礼」。
 彼、ただ一人が、「溜め」のある、背筋を伸ばした、美しい、「礼」をするのです。

 「礼」ひとつで、あんなにも、戦う相手への誠意、柔道への神聖な姿勢が伝わる。


 もし、私が就職の、採用面接の舞台であのような「礼」ができたなら、面接でどのような失敗をしてしまっても、最後の最後であんな「礼」をすれば、即採用、間違いなしだと思う。

 それぐらい、自分の意識していないところまで、ひとは「見ている」。いや、逆にどうでもいいところこそ見られている。


 たかが「礼」だけど、棟田選手の「礼」で、海外の人にも、「日本のこころ」を伝えて来てくれたんじゃないかと思う。

 私も、あんな「礼」ができる人になりたい。

 そして、自分がひとに与えれれてる分だけ返すんじゃなく、ある意味無償的にひとに返すことができるひとに成れたらいいのに、と思う。



□□□□□

 2週間ほど、pcスクールを休んでいたので、今日、検定の申し込みも兼ねて、復活してきたいとおもいます。


 多分、ほとんど忘れてると思われる。




BGM:CRAIG DAVID『THE STORY GOSE』

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

白色タイツの宴 

2005/09/07 Wed.

 ひさびさの日記なのになんてタイトル。

 でもね。でもね。きょうにピッタリなタイトルなんだよ?

 きょうはWOWOWでバレエ関係のドキュメンタリーを一挙に2本も放送してくれるのさ。

 ええ。ええ。禁断の白タイツまみれな映像垂れ流し!

 そして

 人間の極限に挑戦するような肉体美!

 おもろくないハズがない!


 ここ2、3日PCから遠のいた生活を送っていて申し訳ないです。
 今、実家に戻ってきてるので、せめて何か更新できればいいです。

 では、明後日、リンク作業、あいさつ等させていただこうと思います。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

殺し文句の精分 

2005/09/04 Sun.

 昨日諦めた文楽に行こうかとも思ったのですが、残念ながら、今日は雨模様ってことで。


 どうせ行っても目が見えないんじゃ意味が無い。と思い。また断念。

 どうせなら、文楽デビューはベストコンディションで望みたい。

 それまで、文楽のことを少しでも勉強しておこう。




*****

 そんなわけで、
今日は一日部屋に引きこもっておりました。

 雨の日になぜか聴きたくなる、カーペンターズのClose to youを聴いていました。こんなに優しくて、切ない音楽を他に私は知らない。


 ウトウトしながら漫画を引っ張り出し、読んでおりました。

 もちろん『イタズラなKiss』も5巻を読みました。(チビが初登場したり、大学祭でコトリン人気でオタクからの支持を受け、琴子がミス斗南大に輝き(入江君もとばっちりを受ける)、入江君がひとり暮しをはじめる巻)




夜はTVで『バンキシャ!』を観ていたら、9・11の特集をしていて、現場の消防士達の無線のやりとりの記録を映像と共に聞きました。

 気づいたら、泣いておりました(無機質な感覚で)。



*****


 明日はおそらく、実家に舞い戻る予定です。
 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 読書の波

桃色トワイライト 三浦 しをん  

2005/09/03 Sat.

桃色トワイライト 桃色トワイライト
三浦 しをん (2005/08/06)
太田出版
この商品の詳細を見る

 一番新しいしをんさんのエッセイ。web上で連載されているものを収録。七冊目です。

 よそ様のブログ等では、『小説とのギャップをこんなに感じるとは・・・』と、結構衝劇を感じられている方が多いらしいですが、私は逆に、頭の中で想像していたしをんさんと完璧に一致しました。

 こよなくホ○漫画を愛されているところとか、数日お風呂に入らないのは当たり前なこととか、オダギ○ジョーに愛を注がれてるところとか、弟さんには『ぶたさん』と呼ばれているところとか・・・・
 もう、納得の作家像です。
 そして、しをんさんを日々囲む、家族、素晴らしい芸風のご友人の方々など、すべてが爆笑へと繋がります。

 あ~やっぱり日ごろから持たれている材料が並大抵の量じゃないんだな・・ってことを実感しました。

 触れすぎると、なんだか毒されてしまいそうですが、しをんさんのエッセイ。全部読みたいわ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

手を離したのか、手を離されたのか 

2005/09/03 Sat.

 ???なんか、ウチのサイトが開かない?


  はぁ~。やっぱりノートPC(サイト更新用)持って帰れば良かったかも。


 なんか、悪いことが悪いことを呼んでいるような。。。

 文楽を観に、行ってこようかと思ってたんですが(大阪の国立文楽劇場に)、体調が最悪。
 クスリも利かないので断念しましたTOT

 文楽デビューだったのに~!


 もしかすると、HPのトラブル解決、週明けにならないと無理かもです。






edit

CM: 0
TB: 1

page top

Category: 雑記帖

 

2005/09/02 Fri.

 ♪ドゥ ユ リメンバ~♪ 21st ナイッ オッ セプテンバッ∬

 ラヴ ワッチェンジッ ダ マイッ☆

 ♯プリテンダッ  ワ~ チェシン ダ クライ ザ ウェ~∮


 すんません。今、重度の貧血状態で、目の前の景色がカナリぼやけています。もうろうと・・・。


 そんな中、大声でアース・ウィンド&ファイヤーのセプテンバーを歌っています。(一応9月にちなんで)

 皆さんもよかったら、ごいっしょに。

 ちなみに、歌詞の意味は、

 『覚えているかい? 9月21日の夜を 愛は僕の気持ちを変えてしまった 9月の空を追いかけてる間に~』


 そんな歌詞です。

 あれっ?てえと?本当は9月21日に歌うべき?

 んじゃ、21日に記憶があれば、ご唱和ください。

〇〇〇〇〇

 『ロマンス小説の七日間』三浦 しをん著 読了。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 雑記帖

君のことを思わずにはいられない 

2005/09/01 Thu.

 はふはふ。今日から発芽玄米を食べ始めました。

 触感に慣れるまで時間かかりそう。

 数週間振りに学校に参上してきました。
 久々に顔を合わせた友人には、髪型のことをイロイロと突っ込まれました。

 「若返りましたな」とコメントを頂く。


 やっぱり子供にしか見えないんだー!ちくしょー



 テストのことは。。。。聞かないでやってください。と、言いたいところですが、回答を頭からひねり出すとかって言う問題でなく、

 言語を忘れてしまいました。
 最近、書物(文章)は何でもPC上で製作するため、全く文字を書けなくなったのです。漢字も全く出てこなくなり、文字も小学一年生のころの汚さに退化してしまったみたいです。(どんなに意識して丁寧に書いても、変なんです)


 どうしよう。日本人失格だ。


 テスト中にもかかわらず、今度ボールペン習字でもやってみるべ?と、こんな時にだけ変な向上心が。



 ごめん。本というと、今日は書く事がないです。

 これから本を読みまくりたいと思う。二、三日は本から離れない気がする?

 最近、本当に三浦 しをんさんの話題ばかりに傾いてきてますが、多分私、今ト読書の波がすぐそこに来てるんだと思う。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2005-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。